■ 有害物質規制:RoHS/ELV指令について

WEEE/RoHS image

2017年7月22日から欧州の製品環境規制において対象製品カテゴリー9の 「工業・産業用監視及び制御機器」が、初期6物質について強制適応を開始します。欧州に製品の輸出を行う日本企業にとってRoHS指令は重要な規制です。
また、この動きは欧州以外の世界中の国々に波及しており、中国版RoHSなど同様の規制(電子情報製品汚染管理弁法)が公布、施工されています。

これらの規制をクリアするための社内体制と検査システムの構築が求められます。 RoHS指令の自己適合宣言の根拠となるエビデンスに分析装置を使った検査体制と分析結果が求められています。 IEC62321においても初期6物質に関する分析法が示され、蛍光X線分析は初期6物質の全てに適応できるスクリーニング分析となります。
HORIBAのエネルギー分散型蛍光X線分析装置は、2003年のRoHS/ELV対応用「有害元素分析装置」の発売以来、お客様のグリーン調達支援を常にサポートしています。


■ 有害元素分析対応蛍光X線装置ラインアップ

ハンドヘルド

MESA-800

ハンドヘルド型蛍光X線分析装置MESA Portable新登場!

「すぐに材料の鋼種判別をしたい」「加工せずに大きなサンプルを測定したい…」「屋外でも使用したい…」といったニーズはございませんか? 新しくなったMESAポータブルは、

◉ 小型・軽量・高感度◉ サンプル前処理不要

で、お客様の現場作業効率UPに貢献します!

 

有害元素蛍光X線分析装置 MESA-50シリーズ

有害元素蛍光X線元素分析装置 MESA-50

お客様のご要望から生まれました!元素分析の新しいスタイルです。

MESA-50K X-Ray Fluorescence Analyzer

有害元素蛍光X線分析装置MESA-50の大型試料室仕様を新たにラインアップしました。

XGT-5200シリーズ

X線分析顕微鏡 XGT-5200シリーズ

φ400μmプローブで有害元素対応のマッピング分析を実現!新開発、液体窒素レス検出器による高分解能・高計数率のNew蛍光X線分析装置。SDD搭載X線分析顕微鏡。

■ WEEE/RoHS指令のカテゴリと適用時期

カテゴリ
(付属書1)

初期6物質の
適用開始

フタル酸エステル類
適用開始

適用除外用途
申請期限

(cat.1)大型家庭用電気製品

2006年7月1日

2019年7月22日

2018年1月22日

(cat.2)小型家庭用電気製品

(cat.3)IT及び通信機器

(cat.4)民生用機器

(cat.5)照明装置

(cat.6)電気電子工具

(cat.7)玩具、レジャー・スポーツ用品

(cat.8)医療機器

2014年7月22日

2021年7月22日

2020年1月22日

     体外診断用医療機器(IVD)

2016年7月22日

2021年7月22日

2020年1月22日

(cat.9)監視及び制御機器

2014年7月22日

2021年7月22日

2020年1月22日

     工業・産業用(Industrial)
     監視及び制御機器

2017年7月22日

2021年7月22日

2020年1月22日

(cat.10)自動販売機

2006年7月1日

2019年7月22日

2018年1月22日

(cat.11)その他の電気電子機器

2019年7月22日

2019年7月22日

2018年1月22日

■ RoHS指令 初期6物質の最大許容値

物質

最大許容値(質量%)

鉛(Pb)

0.1(1000ppm)

水銀(Hg)

0.1(1000ppm)

カドミウム(Cd)

0.01(100ppm)

六価クロム(Cr6+

0.1(1000ppm)

ポリ臭化ビフェニール(PBB)

0.1(1000ppm)

ポリ臭化ジフェニールエーテル(PBDE)

0.1(1000ppm)