昨今、諸外国にてPM2.5(微小粒子状物質)による健康被害の懸念が広がっています。

世界保健機関(World Health Organization, WHO)ではPM2.5に係る大気質ガイドライン(Air Quality Guidelines)が設定され、各国においてPM2.5に係る環境基準の設定やモニタリング体制の整備、対策の検討等の動きがありますが、PM2.5の測定方法に関しては、各々の測定方法が異なっています。

現状では浮子式流量計、圧力計、圧力調整弁などにて各々の基準値を規定されていますが、HORIBAのマスフローコントローラを用いるとそれらの基準器1台で規定することができます。

PM2.5装置に組み込まれる基準器としての採用実績もあり、今後ますます広がる環境問題の解決、改善に対して堀場エステック製品がサポートします。

 

Image HTML map generator

関連製品

製品名をクリックすると、関連製品モデル一覧をご覧いただけます。

マスフローコントローラ / メータ

Digital Mass Flow Controller SEC-N100 Series

デジタル/アナログ、DeviceNet™、CC-Link®、PROFIBUS™、EtherCAT®と多様な通信方式と、10SCCMから1000SLMまでのワイドな流量制御範囲を誇る汎用モデル。

マスフローモジュール CRITERION D500

差圧検出方式を採用した最先端プロセス向け高性能マスフローモジュール。自己診断機能を搭載。

高温対応デジタルマスフローコントローラ SEC-8000F/D/E シリーズ

15℃から120℃までの高温環境対応のデジタルマスフローコントローラ

高精度精密膜流量計 SF-1U・2U

気体流量計測・制御機器の流量基準器