バイオライフサイエンスアプリケーションノート
- 光合成 -

時間分解寿命測定を用いて葉の蛍光を観察

光合成は地球上でもっとも重要なプロセスのひとつです。光は葉の表面でクロロフィルによって吸収され、光合成に利用されます。余分なエネルギーは熱や発光として放出され、その割合が光合成効率とされてきました。カウツキー (Kautsky) 効果により、光化学系IIからの蛍光発生量は一定ではありません。蛍光発生量は初めに増加し、その後照射を続けると減少します。これは光化学系IIが閉じ、電子移動ができなくなることによるものです。光化学系Iからの全蛍光への寄与もまた起きる可能性があります。