材料科学アプリケーションノート
- インク -

紫外光から近赤外光にわたるセキュリティ・インクの時間分解ルミネッセンス

道具や商品の詐欺や偽造を防ぐために、たとえば蛍光インクのようなセキュリティ特性を利用することが益々重要になってきています。これらのインクの典型的な応用例は、紙幣、ブランド品、薬のパッケージ、食品安全性において見られます。セキュリティ・インクは明示的に利用される場合と秘匿的に利用される場合がありますが、後者の場合は可視領域の範囲を超えた、つまり紫外および近赤外領域のルミネッセンスが利用されます。これらの領域で使用する光源は、一般的には手に入らないからです。さらに、スペクトル波長に加えてルミネッセンス寿命を使用すれば、より高度なセキュリティのパラメータとして利用することができます。