材料科学アプリケーションノート
- プラズモニクス -

銀ナノ構造によるタンパク質蛍光のプラズモン増強

金属表面に蛍光分子を結合させるとプラズモン効果が見られます。金属増強蛍光と言うこともあり、光物理学的特性の増強として使われています。例えばゾルーゲル誘導シリカや多糖膜といったホスト材料に、硝酸銀に光照射を行うことにより、金属構造をIn-situで作成することができます。こういった技術を用いれば、表面の増強装飾が制御でき、ラボ向けチップのアプリケーションが期待できます。その様子を、蛍光色素(FITC)で標識したタンパク質の蛍光観察により示します。