ジョバンイボンのコア技術
回折格子(グレーティング)とその応用

要旨

回折格子(グレーティング)は,入射光をさまざまな波長に分散させる光学素子で,分光分析,多重化通信,レーザシステムなどの重要なコンポーネントとして利用される。この分野のパイオニアで,現在の世界的リーダーでもあるジョバンイボン社(JY)は,そのコアテクノロジーとして,新型グレーティングの製造に取り組んできた。本稿ではJYのグレーティングの特長とその光学分野への応用例を紹介する。

1. はじめに

ジョバンイボン社(JY)は,J-B. Soleilにより1819年パリに設立された。その初期には,Augustin Fresnel の実験用レンズを製作するなど,著名な科学者との共同研究も盛んに行われていた。こうして築かれた信頼を土台として,卓越した科学技術と広範な事業展開を両立すべく努力を続けてきた結果,今や取引高の85%がフランス国外で達成されるまでになった。

この論文では,グレーティングを例に挙げながら,JYの基本テクノロジーの開発について,また,然るべきユーザにタイミングよく新製品を届けるためのJYの市場努力について紹介する。

JYは1997年にHORIBAグループに参加し,財政支援,プロダクトエンジニアリングのノウハウ,品質文化に関して協力を得ることで,科学技術面・マーケティング面の強化を図った。300mmの半導体ウエハ用超薄膜分析装置(UT-300)を例に挙げて,この提携の将来性について解説する。最後に,将来の展望を述べて,論文を締め括る。