第6回RamanFestシンポジウム(RamanFest 2018)開催のご案内


「RamanFest」はラマン分光分析技術に関する国際シンポジウムであり、弊社の起案により2013 年に発足されました。 毎年世界各国の著名な大学の協力の下で運営され、おかげさまで来年、第6 回目を迎えます。また今回のRamanFest 2018 は、東京大学 大学院工学系研究科 北森研究室のご協力の下、初の日本開催となります。

2 日間のシンポジウムでは、ナノイメージング、 バイオ/ ライフサイエンス、マテリアルサイエンスに加え、TERS(Tip-Enhanced Raman Spectroscopy)などのラマン分光分析に関する最先端技術に特化したテーマで、日本のみならず アジア・欧米各国から著名なスピーカーの方々をお招きし、ご講演いただきます。またラマン分光分析技術に関する日頃の 研究成果を皆様に発表いただけるよう、ポスターセッションも同時開催いたします。 各国の著名な研究者の方々が一堂に会する機会ですので、皆様ご多忙のこととは存じますが、お見逃しなきよう、ポスター セッションもあわせてぜひご参加ください。

概要
開催日時2018年6月25日(月)・26日(火)
会場東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール
 http://www.u-tokyo.ac.jp/ext01/iirc/index.html
プログラム招待講演者による講演、ポスターセッション、懇親会
言語英語
トピックスナノイメージング、バイオ/ ライフサイエンス、マテリアルサイエンス、最先端分析技術
パートナーシップ東京大学 大学院工学系研究科 北森研究室(北森 武彦 教授)

参加費(2日間)

早期申し込み
(2018年4月27日まで)
事前申し込み
(2018年6月1日まで)
当日受け付け
(2018年6月25日)
一般¥30,000¥40,000

¥45,000

学生¥10,000¥10,000¥10,000
  • 上記参加費は、2日間の参加費用、要旨集、昼食、飲み物が含まれます。
  • 交通費、宿泊費、朝夕の食事は含まれていません。
  • 上記日程にてお申込みの上、指定の期日までにお支払いをお願いします。
  • 学生の方は、当日受付にて学生証をご提示ください。
  • 当日受付は現金でのお支払いのみ可能です。

懇親会

2018年6月25日(月)18:00~19:30
場所:伊藤謝恩ホール内多目的ホール
会費:7,000円
* 懇親会費には、お食事、お飲物代が含まれます。

参加申し込み

RamanFest 2018 特設サイトにて事前登録をお願いいたします。

登録フォームは2018 年1月末-2月上旬に開設予定

特別招待講演

関西学院大学 副学長 兼 理工学部 教授 尾崎 幸洋様

台湾国立交通大學 理学院講座教授 濱口 宏夫様

予定招待講演者 (2018年1月現在)

北海道大学 電子科学研究所(REIS)/KU Leuven University(Belgium)教授 雲林院 宏様


University of Delaware (USA), Affiliated Professor Isao Noda


University of Tours (France), Professor Igor Chourpa


東京大学 大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 教授 津本 浩平様


早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 次席研究員/ 研究院講師 安藤 正浩様


株式会社東レリサーチセンター 常務取締役/ 研究部門長 吉川 正信様


ライオン株式会社 研究開発本部 生命科学研究所 小倉 卓様


Institute of Semiconductors, Chinese Academy of Science (China), Professor Tan Ping Heng


Kangwon National University (Korea), Professor Young Mee Jung


Chinese Academy of Sciences, Quandao Institute of BioEnergy and Bioprocess Technology (China),Professor XU Jian


ポスターセッション

参加登録いただいた方はラマン分光分析に関する研究成果をポスター形式にて発表いただける ポスターセッションへの申込みが可能です(先着40名様)。招待講演者による審査の上、 閉会式にて優秀ポスター賞2名の表彰がございます。 ポスターセッションのお申込みは、2018年1月よりRamanFest特設サイトにて開始いたします。 ご登録後、ramanfest.jp@horiba.com宛に要旨をお送りください。
なお要旨はRamanFest2018特設サイト・要旨集に掲載されます。

登録フォームは2018年1月末から2月上旬を予定に開設予定

スケジュール

開始時期 締切り
事前申し込み


2018年1月末から2月上旬を予定

早期申込み2018年4月27日
通常申し込み2018年5月25日
後期申し込み2018年6月15日
お支払い


2018年1月末から2月上旬を予定


早期申込み2018年5月25日
通常申し込み2018年6月8日
後期申し込み2018年6月15日
ポスターセッションのお申し込み2018年1月末から2月上旬を予定 2018年5月11日
要旨提出2018年1月末から2月上旬を予定 2018年5月11日

RamanFest について

RamanFest はHORIBA Scientific が主催する国際シンポジウムとして、毎年、欧米・アジアの各国にて開催しており、 著名な方々にラマン分光分析技術に関するご講演をいただいております。

2013 : The University of Lille(France)
2014 : Harvard University(USA)
2015 : Xiamen University(China)
2016 : Humboldt University (Germany)
2017 : Purdur University (USA)
2018 : 東京大学(日本)

RamanFest は、著名な研究者の方々による講演を通して、ラマン分光分析に関する最先端の技術とアプリケーションを習 得いただけるように考案しております。招待講演者による講演のほかに、ポスターセッションにて若手研究者の方に研究の成 果を発表する機会も提供しています。

RamanFestの最新の情報はRaman Fest 2018 特設サイトにてご確認ください。

主催

株式会社 堀場製作所

PDF版はこちら
第6 回RamanFest シンポジウム(RamanFest 2018)開催のご案内