カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


多糖フィルムのゲル化の粘度変化の様子をモニタするために、HORIBA製蛍光寿命顕微鏡DynaMycを使って分子回転子の蛍光寿命分布を測定しました。


分子回転子として知られるある種の蛍光分子は、蛍光寿命を測定することでマイクロオーダ不均一系の局所(ナノスケール)粘度を測定することができます。通常の蛍光異方性測定と比較して、本手法を使えば、測定が単純でより高速に測定が実施できるというメリットがあります。


蛍光寿命顕微鏡(FLIM)では、寿命の情報と空間の情報の両方を取得することができるため、歯の構造やその発光特性の調査に適しています。


蛍光応用として、「水中のマイクロエマルション」と、「紫イモ中のアントシアニン形成および分布」の二つの事例について紹介します。


光合成は地球上でもっとも重要なプロセスのひとつです。光は葉の表面でクロロフィルによって吸収され、光合成に利用されます。余分なエネルギーは熱や発光として放出され、その割合が光合成効率とされてきました。


金属表面に蛍光分子を結合させるとプラズモン効果が見られます。金属増強蛍光と言うこともあり、光物理学的特性の増強として使われています。


ストップドフローアクセサリーを装着し、光源に100MHz対応のDeltaDiodeを用いた蛍光寿命装置DeltaFlexシステムを使って、蛍光物質であるクルクミンを血清アルブミンとの混合物の相互作用をモニタした様子を紹介します。


金属イオンを含んだ水の金属イオン濃度と屈折率の関係がわかれば、浸漬フォトリソグラフィや液体レンズへの応用が期待できます。分光エリプソメトリーでは、液体の屈折率の波長分散を、精度よく求めることが可能です。(本文は英文です)


本研究では非破壊・非接触で評価できる分光エリプソメトリーとラマン分光法を用いて、色素増感太陽電池素子の膜厚、粒子の大きさ、空孔の比率の評価を行った。


近年、食品として摂取可能な一連の化合物の中で、ヒトの体内でタンパク質との結合により相互作用を示すものが、重要な研究対象となっています。なかでもポリフェノール類は、健康意識の高まりから注目されてきました。


ラマン分光法は,試料の状態や測定の目的に合わせて,多くの測定手法が開発されている。特に顕微ラマン分光法の急速な普及に伴い,ここ数十年で感度は数桁のオーダーで向上している。特にラマンイメージングのいくつかの新しい技術が開発され,新しい分析分野に適用されつつある。ここでは,最近話題のトピックスから,新しい分析手法の適用例を解説する。


偏光フィルムを作る際の延伸過程では、ランダムに並んでいた分子が規則正しく配列します。その際、ラマンスペクトルの強度から、延伸によりどの程度分子が配向したかを評価することができます。


Benutzer Anmeldung

Geben Sie Ihren Benutzernamen und Ihr Passwort ein, um sich an der Webseite anzumelden:

新規登録
パスワードを紛失された場合

Keine Artikel in dieser Ansicht.

In order to view these documents you must have Adobe Reader installed on your computer. You can download the latest version of Reader free of charge from the Adobe website.