DR-3000シリーズ

映像に加え、GPSによる位置情報・速度・ブレーキ・ウインカーなどの信号も取得できるドライブレコーダー。万一の事故に加え、日々の運転で遭遇するヒヤリハットデータも取得することで、より安心な運転へとつなげることができます。

 

特長

  • 衝撃の前後最大合計30秒間を録画
  • 1秒間に30コマの撮影が可能。なめらかな映像で状況を正確に把握できます
  • この他、ウィンカーの作動やブレーキ情報、またその時の速度も保存します
  • どんな時にトリガをかけるのかの設定も可能
  • もちろん手動での録画も可能。 大きな録画ボタンで押しやすい  
  • ボディはマグネシウム合金の一体型。丈夫で放熱性にすぐれます
  • 両面テープでしっかり取り付けるので安定した画像を録画

型 式DR-3031、3033、3033E、3034E
外形寸法110(W)×80(D)×38(H)mm
重量110g ※1
撮影素子CMOSカラー
水平画角107度
垂直画角79度
有効画素数25万6000画素
記録画素数640×400
電源電圧DC12/24V
記録メディアCFカード
記録トリガー加速度センサー(3軸)、手動スイッチ
記録フレーム数30フレーム/秒(可変)、30秒(可変)
センサー入力車速パルス入力
外部入力外部トリガー、ブレーキ、ウインカー(右左)、実車/空車、バック
消費電流500mA以下(25℃の場合)
使用温度範囲-25℃~+70℃(結露なきこと)
保存温度範囲-30℃~+80℃
※1 どら猫本体のみの重量になります。CFカード、ケーブル類の重量は含まれておりません。

Request for Information

Do you have any questions or requests? Use this form to contact our specialists. * These fields are mandatory.