導入施設の紹介

main

奈良県
中山獣医科病院

院長 医学博士、獣医学博士
日本小動物外科専門医 中山 正成先生

使用機器: アントセンスIII VET

簡単で迅速に測定できる装置があれば、患者さんの状態をすばやく把握し、治療に取り掛かることができます。

Q1
装置導入前の血糖測定はどのように行っていましたか?
A1
以前は生化学測定装置のみで測定していました。しかし、血糖値のみ測定したいときなどには、使用中の生化学測定装置が空くのを待たなければならず、不便に思っていました。
Q2
装置導入後、生化学測定装置との使い分けは?
A2
総合的に見たい場合は多項目測定可能な生化学測定装置で、至急の場合など血糖値のみを確認する際には、単項目装置で測定しています。測定したいときに測定でき、遠心分離などの操作も無く簡単に使用できることで、すばやい診断と治療につながります。血糖値のみを知りたいときやすぐに結果を知りたいときには、単項目装置が重宝されています。
Q3
検査を行う際に求められることは?
A3
検査を行おうと思った際に、試薬などを冷蔵庫から取り出すとなると、それだけで手間となりますし、冷蔵庫もストックでいっぱいになってしまいます。室温に戻さなければならない試薬などであれば、より検査開始が遅れてしまいます。特に緊急の場合、いかに速く状態を把握し、治療に取りかかれるかにかかってきますので、そういった際の迅速さに対応できる初動の速さが求められます。

中山獣医科病院でのルーチン検査項目

  • ・血糖値
  • ・尿素窒素
  • ・クレアチニン
  • ・ALP
  • ・GPT
  • ・白血球
  • ・赤血球
  • ・ヘモグロビン
  • ・ヘマトクリット
  • ・MCV
  • ・MCH
  • ・MCHC
  • ・血小板
  • ・総タンパク
  • ・黄疸
  • ・溶血
  • ・脂血漿
  • ・CRP
  • ・総コレステロール
  • ・中性脂肪

※中山獣医科病院では、ルーチン検査で必ず血糖値を測定されています。

施設インフォメーション
編集後記

多くの獣医師の方がいらっしゃる中山獣医科病院。整形外科手術、特に椎間板ヘルニアの手術を得意とされ、近畿圏から患者さんが手術に来られます。多くの獣医師の方がおられるので、予後も安心して任せることができる病院です。

(2013年5月取材)

※掲載している情報は取材時点のもので、現在とは異なる場合がございます。

トップへ戻る

サイトサポート

© HORIBA, Ltd. All rights reserved.