複合形フッ化物イオン選択性電極 6561S-10C

概要

* 本体との対応表はこちらをご覧ください。

付属品:
F⁻交換用電極チップ/1000mg/L標準液50ml/100mg/L標準液50ml/ 内部液50ml/TISAB溶液50mL×2/シリンジ/スポイト/保護管/取扱説明書

特長

希望販売価格

税抜130,000円


製造会社: HORIBA Advanced Techno

仕様

測定範囲

0.02mg/L(1×10-6)~飽和F-

pH範囲*1

pH4~10 (20mg/L F-(10-3mol/L)F-)

使用温度範囲

0~50℃

電位勾配*2

-59mV

液絡部材質

硬質塩化ビニル樹脂、ポリサルホン樹脂
*有機溶媒(アセトン、テトラヒドロフラン等)を
含むサンプルでの使用は不可能です。

比較電極内部液の種類

内筒部

3.33mol/L KClゲル状溶液

外筒部

3.3mol/L KCl

共存許容限界値*3

OH-=10
Ag3+、Fe3+などの多価イオンが共存する場合は錯体の形成による妨害がある場合があります。

*1 測定イオン濃度が()内記載値において許容できるpH範囲(イオン濃度により、pH範囲は若干変化します。)
*2 イオン濃度が10倍濃くなったときの電極電位の変化(at 25℃)
*3 共存許容限界値とは、測定対象イオン濃度(mol/L)に対する共存イオン種の限界濃度(mol/L)を比率で示したものです。
例えば、1000の場合、共存イオン濃度が測定イオン濃度の1000倍までは、測定値は影響を受けません。
不可とは、イオン電極の応答膜が化学反応により変質するため測定できないことを示します。

外形寸法図・他(単位:mm)

フッ化物イオン選択性電極(複合形) 6561S-10C 外形寸法図

ダウンロード


本HPにおいてご覧いただける資料は掲載時における最新の資料です。
製品のご購入時に提供いたしました資料と内容が異なる場合がございますのであらかじめご了承ください。
2018年3月1日