標準液は販売されていますか?

    当社からは下記4種類の導電率値の標準液をご用意しておりますので、測定するサンプルの導電率値に近いものをお選びください。
    また、電極に汚れなどが付着していた場合、コンタミ影響により標準液の値が変化する恐れがございますので、繰り返し使用したり、一度使用した標準液を元のボトルに戻さないでください。

    • 100-21 84μS/cm(500mL)
    • 100-22 1413μS/cm(500mL)
    • 100-23 12.88mS/cm(500mL)
    • 100-24 111.8mS/cm(500mL)
    • 103-S   84μS/cm(250mL)、1413μS/cm(500mL)、
          12.88mS/cm(250mL)、111.8mS/cm(250mL)のセット

    製薬業界様向け(第十七改正日本薬局方第二追補用)

    ※検査成績書標準付属 トレーサビリティ体系図、取扱説明書はWebよりダウンロード可能です。
    トレーサビリティ体系は産業技術総合研究所(NMIJ)に紐付きます。
    この標準液を用いてのセル定数の再測定の詳細は、標準液付属の取扱説明書を参照してください。

    塩化カリウム標準液の調製方法を教えてください。

    電気伝導率測定用の塩化カリウムをめのう乳鉢で粉末にし、500℃で4時間加熱し、デジケーター中で放冷します。この塩化カリウムを下表の秤量値にしたがって秤量し、ビーカーで溶解した後、次の方法で調製します。

    • 0.1mol/L, 0.01mol/Lの場合:秤量したKClを溶かしたメスフラスコ(1L)に入れ、 純水を標線まで加える。
    • 0.001mol/Lの場合:0.01mol/L標準液100mLをホールピペットにてフラスコ1Lにとり、純水を標線まで加える。

    セル定数

    該当セル
    形式

    KCl
    標準液

    KCl
    秤量液

    液温

    導電率値
    (S/m)

    導電率値
    (S/cm)

    10(cm-1
    1000(m-1

    3553-10D
    3573-10C
    3574-10C

    0.1mol/L

    7.4365g

    0℃
    18℃
    25℃

    713 mS/m
    1117 mS/m
    1286 mS/m

    7.13 mS/cm
    11.17 mS/cm
    12.86 mS/cm

    1(cm-1
    100(m-1

    3552-10D
    3562-10D
    9382-10D

    0.01mol/L

    0.7440g

    0℃
    18℃
    25℃

    77.4 mS/m
    122.0 mS/m
    140.9 mS/m

    0.774 mS/cm
    1.220 mS/cm
    1.409 mS/cm

    0.1(cm-1
    10(m-1

    3551-10D
    3561-10D

    0.001mol/L

    25℃

    14.7 mS/m

    147 μS/cm

    JISによる標準液の調製手順は、JISの何番に書かれていますか?

    JIS K 0102(表13.2)です。当社はこれに準じてセル定数の検定を実施しております。

    標準液は保存できますか?

    ポリエチレンまたは硬質ガラス瓶に密閉して保存してください。ただし測定精度上、長期保存は避けてください。

    標準液は同じものを何回使用できますか?

    標準液は厳しい精度を要します。一度ご使用になった標準液は再度保管しないでください。


    水質製品情報


    コンパクトpH・水質計

    コンパクトpH・水質計  
    税抜¥22,000~

    平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


    ポータブル/マルチデジタル水質計

    ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

    片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


    卓上型pH・水質計

    卓上型pH・水質計  
    税抜¥165,000~

    ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


    電極ラインアップ

    電極ラインアップ 
    pH・COND・ION・ORP・DO

    測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。