燃料流量計 FQ-2200CR

ガソリン、軽油、アルコール燃料などの質量流量を、レンジ全域で高精度かつ高い再現性で測定します。エンジン試験・車両試験の設備として使用でき、研究開発・品質管理などのための燃料消費計測に幅広く対応します。

カタログダウンロード

概要

燃料流量計FQ‐2200CRは、質量流量(測定レンジ 0.2~108 kg/h)を高精度かつ連続的に計測します。
エンジン試験・車両試験の設備として使用可能で、研究開発をはじめ、品質管理、生産活動など、さまざまな目的での燃料消費計測に幅広く対応できます。

特長

  • レンジ全域での高精度計測
  • ガソリン、軽油、アルコール燃料(混合~100%)など、各種燃料に対応
  • 標準インターフェースにより、オートメーションシステムへの統合が可能
  • 10 Hzのデータ通信
  • 使いやすいタッチパネルデザイン
  • 簡単な燃料圧力、温度の設定

 

コントロールユニット

 タッチパネルで簡単操作 
  • わかりやすい画面表示で、リアルタイム測定データやパラメータ設定情報を簡単に確認できます。
  • リモートコントロール機能により、標準インターフェースを通じてオートメーションシステムに組み込むことも可能です。

 

● メイン画面

 

● 測定画面

 

● 温度設定画面

 

測定ユニット

 コリオリメータを採用 
  • 広範囲(0.2~108 kg/h)の質量流量を、燃料密度と同時にモニタリングできます。 

 

燃料調整ユニット

 ポンプ・温度制御システム 
  • 供給燃料の温度制御を行います。  
 圧力制御モジュール(オプション) 
  • 燃料の供給圧力、リターン圧力調整用のモジュールです。  
 加熱モジュール(オプション)  
  • 燃料温度はユーティリティ水温の+5℃~+40℃まで設定可能です。 

 

その他機能

 燃料種別変更機能 
  • コントロールユニットからワンタッチで供給燃料種別の変更が可能です。 
 ベンチレーション機能 
  • パージを行うことで、燃料の気泡を除去し、より高精度な測定が可能です。

製造会社: HORIBA

仕様

製品概要 

流量測定レンジ
密度測定レンジ

0.2 kg/h~108 kg/h
0.6 g/cm3~1.0 g/cm3

燃料温度調整レンジ
(加熱モジュール付)

ユーティリティ水温の+5℃~+40℃
(設定上限:燃料温度 60℃)

温度制御安定性

安定状態にて0.05℃

燃料出口制御レンジ

30 kPa~500 kPa

燃料リターン圧力制御レンジ

-50 kPa~200 kPa

燃料循環量

最大 360 L/h

使用燃料

軽油、ガソリン、アルコール燃料(混合~100%)

外形寸法

1150(W)×360(D)×1320(H) mm 約200 kg

※本製品は防爆仕様ではありません

カタログ・アプリケーション・その他資料

お問い合わせ・見積・カタログダウンロードはこちら
電話受付時間/9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日を除く月〜金)