車載型排ガス計測システム OBS-ONE PM

分流希釈方式により粒子状物質(PM)をフィルタ重量法で計測し、リアルタイムセンサを組み合わせてPM重量を連続計測する車載型分析計です。ベンチュリ式流量計を採用することで、排ガス流量の過渡的な変化に比例させてPMを採取できます。

カタログダウンロード

概要

 EPA CFR 1065 対応

実路走行時のPM計測

OBS-ONEのPMユニットは、分流希釈方式により粒子状物質(PM)をフィルタ重量法で計測し、かつ、リアルタイムセンサを組み合わせてPM重量を連続計測する車載型分析計です。
安定性に優れ、排ガス成分の影響を受けにくいベンチュリ式流量計を採用する
ことで、排ガス流量の過渡的な変化に比例させてサンプルを採取できます。標準のGASユニットとPMユニットを組み合わせることで重量車・ノンロードの認証試験に対応します。

特長

規制対応

  • 米国 EPA CFR part 1065 subpart J
  • 規制に準拠した測定方法でのデータ収集から後処理までが簡単・スムーズ

開発用途 

  • 実路走行とラボでの試験結果の比較が容易
  • テストオートメーションSTARSとの連携により実路走行試験のラボでの再現に向けた開発支援

◎世界最小クラスのPM計測ユニット

  *2015年7月当社調べ

◎高速の流量制御技術による信頼性の高い試験

  • 比例サンプリングによりPMトランジェント計測に対応

◎ あらゆる車両に搭載しやすく使いやすいデザイン
  (モジュール構成・フロントアクセス)

  • モジュールやケーブル類の接続は、ワンタッチ&工具レス
  • ワンタッチで脱着しやすいカートリッジタイプのフィルタ

 

統合計測プラットフォーム搭載

OBS-ONEをはじめとするHORIBA ONEシリーズ製品には、今後のシリーズ展開を前提とした共通のプラットフォームを採用。複数の排ガス測定装置の制御・管理をひとつのコントローラに統合し、優れた操作性を提供します。


製造会社: HORIBA

仕様

測定原理

バッチ計測 : フィルタ重量法
リアルタイム計測 : 拡散荷電法

測定範囲 (リアルタイムセンサ)

0 - 2500 mm/cm3 (希釈後の濃度)

希釈方法

分流希釈方式 (分割比一定モード / 希釈比一定モード)

排ガス流量信号

エンジン排ガス流量 (0-10 Vアナログ入力、アイソレート済み信号)

希釈排ガス流量

10~15 L/min (20℃、101.3 kPa換算での流量)

フィルタホルダ

直径47 mm、有効径26.2 mm (バックアップフィルタ無し)

サイクロン

粒径1 μm以下の粒子を99%透過、50%カットオフポイント : 粒径2.5~10 μm

供給電圧

DC 24 V

消費電力(最大値)

0.6 kW

外形寸法

350(W)×470(D)×460(H) mm (コントローラ、突起物を除く)

本体質量

約45 kg (コントローラを除く)

使用環境

周囲温度0~40℃(使用時)、相対湿度80%以下、高度0~2000 m

装置構成

GASユニットとPMユニットの組み合わせ例

お問い合わせ・見積・カタログダウンロードはこちら
電話受付時間/9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日を除く月〜金)