「つながる」ラボによる開発効率化

「HORIBAとつくる、つながるラボ」

高精度・高効率にモビリティを開発できる「HORIBAとつくる、つながるラボ」
「新しいクルマ」をつくるエンジニアリング×「はかる技術」で実現する高精度な開発環境×「つながるラボ」を実現する高効率なソリューション

次世代モビリティの開発に伴って複雑化・多様化するシステムの最適化は、今まで以上に難解になっています。また、電動パワートレインやAD/ADASといった新機能の開発・実装だけでなく、エミッション低減といった従来機能の向上も求められ、より効率的な車両開発が求められています。
HORIBAは、「ラボとラボ」、「ラボと実路」を「つなぐ」ことでより効率的な車両開発を実現する、独自のソリューションを提案します。

●「ラボとラボをつなぐ」 Test in the Loop™

「Test in the Loop™」は、複数の試験室をつなぎ、バッテリ、モーター、パワートレイン、エンジン、車両の 実機やエミュレータ、モデルを組み合わせてシステム適合を効率化するソリューションです。コンポーネントやサブシステムの開発段階で実車試験に近い精度・XiLS(X-in-the-Loop-Simulation)に近い作業効率で、効率的なシステム適合を行います。

●「ラボと実路とデータをつなぐ」 STARS Enterprise

「STARS Enterprise」は、ラボとラボ、ラボと実路をデータでつなぎ、開発業務効率化・開発拠点の融合・開発フロントローディングを実現するソリューションです。車両技術の高度化や規制の強化、労働人口の減少やリモートワークの拡大など、自動車業界を取り巻く環境の変化が進んでいます。
STARS Enterpriseは、限られた時間の中で、より多くの車両開発ができるように開発したソフトウェアです。現在の開発環境において求められる解決策を提供し、試験の稼働率向上や省人化、最適投資を実現します。

●「ラボと実路をつなぐ」 実路試験の台上化

HORIBAは、AD/ADAS車両開発、RDE適合における「実路試験の台上化」を実現し、車両開発の効率化を支援します。
AD/ADAS評価では、AD/ADAS開発を支援する、「データをはかる・ためる・つかう」ソリューションを提供します。
RDE適合の台上化では、RDE適合にかかるコスト・工数を削減するアプリケーション「RDE+(プラス)」をご提案します。
RDE+では、主に「実路試験の台上化」、「台上試験のフロントローディング」を提案し、RDE+適合に関わるコスト・工数を削減します。

※AD/ADAS:自動運転(Autonomous Driving)/ 先進運転支援システム(Advanced Driver Assistance System)

075-325-5174
電話受付時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日・2/12・4/9・5/1~5/9・10/8を除く月〜金)

075-325-5174
電話受付時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
(祝祭日・2/12・4/9・5/1~5/9・10/8を除く月〜金)