ラボとラボをつないでシステム適合を効率化

電動車両・AD/ADAS開発を加速

ラボとラボをつないでシステム適合を効率化

次世代モビリティの開発に伴って複雑化・多様化するシステムの最適化は、今まで以上に難解になっています。また、電動パワートレインやAD/ADASといった新機能の開発・実装だけでなく、エミッション低減といった従来機能の向上も求められ、より効率的な車両開発が求められています。

HORIBAは、「ラボとラボ」、「ラボと実路」を「つなぐ」ことでより効率的な車両開発を実現する、独自のソリューションを提案します。

ラボとラボをつないでシステム適合を効率化

「Test in the Loop™」

車両システムを想定した評価を可能にする 「Test in the Loop™」

電動化・知能化により、車両の多様化・複雑化が進むにつれ、システムを構成するサブシステムの階層も急速に深さを増しています。この複雑なシステムをいかに効率よく最適化するかが、次世代モビリティ開発の課題になっています。

従来からの手法である実車評価は、高精度な評価ができますが、車両の組み立てに多くの工数・費用が必要となります。一方でモデル環境を活用したバーチャル評価は、車両の組み立てが不要で高い投資効率で評価ができるため理想的な手法ではありますが、モデル精度の面でまだまだ課題があります。

Test in the Loop™は、パワートレインやエンジンなどの試験室間を電力線や信号線でつなぎ、バーチャル(モデル・エミュレータ)とリアル(供試体)を任意に組み合わせることで、実車評価に近い精度・シミュレーション評価に近い投資効率を実現する新たな評価手法です。
バッテリ・燃料電池・エンジンといったコンポーネントから、eAxle(イーアクスル:駆動モータやインバータ、トランスアクスルなどからなるユニット)をはじめとするサブシステム、さらには車両システムまでの適合を可能にします。

※Test in the Loopは、(株)堀場製作所の商標または登録商標です。

ダイジェストセミナー動画

ラボとラボをつなぎ車両のトータルコンポーネント評価を可能にする「Test in the Loop™」(13分20秒)

電動化・知能化により、車両の多様化・複雑化が進むにつれ、システムを構成するサブシステムの階層も急速に深さを増しています。この複雑なシステムをいかに効率よく最適化するかが、次世代モビリティ開発の課題になっています。
従来からの手法である実車評価は、高精度な評価ができますが、車両の組み立てに多くの工数・費用が必要となります。一方でモデル環境を活用したバーチャル評価は、車両の組み立てが不要で高い投資効率で評価ができるため理想的な手法ではありますが、モデル精度の面でまだまだ課題があります。

本セミナーでは、複雑なシステムの最適化を効率よく実施できる評価手法、Test in the Loop™の詳細や具体的な活用事例をご紹介します。

Test in the Loop™:パワートレインやエンジンなどの試験室間を電力線や信号線でつなぎ、バーチャル(モデル)とリアル(供試体・エミュレータ)を任意に組み合わせることで、実車評価に近い精度・バーチャル評価に近い投資効率でのシステム適合を可能にする、新たな評価手法です。

ケーススタディ

HORIBAびわこ自動車計測テストセンター「E-LAB」にて実施した「Test in the Loop™」活用事例

「E-LAB」でのTest in the Loop™活用事例

弊社の自動車・環境プロセス計測の研究開発・生産拠点「HORIBA BIWAKO E-HARBOR」(滋賀県大津市)内にあるびわこ自動車計測テストセンター「E-LAB」にて実施した、Test in the Loop™活用事例をご紹介します。

今回は、隣接する試験室をつなぎ、バッテリ・モータのサブシステムを組み合わせ、1つの車両システムとして評価できる開発環境を構築しました。

バッテリ試験室内の充放電装置・恒温槽に設置されたバッテリ、モータ試験室のダイナモメータに設置されたモータを、電気線、もしくは信号線で接続し、さらに試験室と車両シミュレータをテストオートメーションシステムでつなぎます。シミュレータからのアクセル・ブレーキ、舵角入力に応じた信号がテストオートメーションシステムを介して各制御装置や試験室に送られ、リアルタイムに連動して動作します。

このシステムでは、バッテリ入出力条件を管理するバッテリマネジメントシステム、モータトルクのコントロールユニット、モータ・バッテリ間のデマンドを管理するパワーコントロールユニットの評価・適合が可能です。

ブース展示パネル・関連カタログ・ご紹介動画

Test in the Loop™ システム概要図

[展示パネル] 実機・エミュレータ・モデルをつなぎ、システム適合を効率化

燃料電池・二次電池 評価システム総合カタログ

[カタログ] HORIBA FuelConは電動車両用バッテリや燃料電池の評価装置開発・製造販売を行うグローバルメーカです。

HORIBAびわこ自動車計測テストセンター「E-LAB」のご紹介

[カタログ] E-LABでは、車両やエンジンのための分析・計測に加え、モータやインバータ、バッテリ・燃料電池の分析・計測技術を備え、幅広いトータルソリューションを提供します。

電動車両用バッテリや燃料電池を評価・解析するテストラボ「CELL0」のご紹介

電動車両用バッテリや燃料電池を評価・解析するテストラボ

つながるラボを実現する 開発・実験棟建設のトータルパッケージ

「Turn-Key Management」

建屋建設まで含めた「安全・高効率で使いやすい実験棟」のトータルパッケージを、計測機器メーカーの視点でお客様ごとに最適化し、ご提案します。(建築・電気・空調・ガス配管・ダイナモメータ・計測機器・制御システム)

Test in the Loop™に用いる設備などを導入いただく際に、お客様の導入負荷とリスクを低減するターンキー・プロジェクトマネジメントを提供しています。
HORIBAの幅広い製品ラインアップとソリューションを組み合わせた、実験・保守・運用効率を最大限に高める、かつ安全な開発環境を設計します。さらに、工事の工程管理をすべてHORIBAに集約し、効率的な施工を実施します。

●工程管理を集約し効率的に施工
●実験・保守・運用効率を最大限に高めた開発環境
●HORIBA独自の新たなリスクアセスメント手法を活用した安全な設計

「安全・高効率で使いやすい実験棟」建設のトータルパッケージ

ダイジェストセミナー動画

燃料電池評価を支援するHORIBAの評価装置とターンキーソリューション(13分20秒)

HORIBAは、設備などを導入いただく際に、お客様の導入負荷とリスクを低減するターンキー・プロジェクトマネジメントを提供しています。
HORIBAの幅広い製品ラインアップとソリューションを組み合わせた、実験・保守・運用効率を最大限に高める、かつ安全な開発環境を設計します。さらに、工事の工程管理をすべてHORIBAに集約し、効率的な施工を実施します。

本セミナーでは、ターンキーソリューションについて、特にHORIBA独自のリスクアセスメント手法を活用した安全な設計に焦点を当ててご紹介します。

電動化によりバッテリや水素を取り扱う試験棟の立ち上げが進んでいますが、バッテリや水素に対する安全対策は、従来とは全く違う観点で行う必要があります。HORIBAは自動車計測テストセンター「E-LAB」内に、バッテリ・水素を扱う試験室を立ち上げ、安全対策についても自社で設計を行いました。
例えば水素を大量に取り扱う燃料電池試験室では、水素漏洩によるリスクを防止するため、1)漏出させない、2)漏出した場合も事故にならない、3)事故になっても被害を最小限に留める、3段階の安全設計を施しました。

このように改めて考えられるリスクを抜け漏れなく抽出し、コストと時間を極小化しながら安心・安全を担保するために開発した、HORIBA独自の新たなリスクアセスメント手法についてご紹介します。

展示パネル・関連カタログ

新しい設備導入のターンキーソリューション

[展示パネル]

ターンキーマネジメント

[カタログ] 高効率運用を実現する開発・実験棟建築のトータルパッケージ

バッテリ評価・開発支援

分析・計測・エンジニアリング技術

さまざまな分野で身近に普及しているリチウムイオン電池や、次世代電池として期待されている全固体電池の研究開発では、より高品質・高性能を目指し、新たな分析・評価技術が求められています。 HORIBAは、電池材料の研究開発から電池性能評価、電動車両開発支援まで、トータルの分析・計測ソリューションを提案しています。

バッテリ評価・開発支援

水素・燃料電池計測ソリューション

水素社会に貢献するHORIBAの分析・計測技術

HORIBAは、水素社会の実現に向けて、燃料電池材料のナノレベルの分析からセル・スタックの性能評価、さらにはガスの品質をリアルタイムで測る計測機器まで、水素の「生成」「貯蔵」「消費」それぞれの段階において分析・計測ソリューションを提供します。

水素・燃料電池計測ソリューション

075-325-5174
電話受付時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日・2/12・4/9・5/1~5/9・10/8を除く月〜金)

075-325-5174
電話受付時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
(祝祭日・2/12・4/9・5/1~5/9・10/8を除く月〜金)