バッテリ評価・開発支援

バッテリパックのシステム開発をトータルで支援

バッテリ評価・開発支援

さまざまな分野で身近に普及しているリチウムイオン電池や、次世代電池として期待されている全固体電池の研究開発では、より高品質・高性能を目指し、新たな分析・評価技術が求められています。 HORIBAは、電池材料の研究開発から電池性能評価、電動車両開発支援まで、トータルの分析・計測ソリューションを提案しています。

バッテリ評価のOne-Stop-Service

バッテリ評価の受託サービス

HORIBAグループで分析・サービス事業を担う株式会社堀場テクノサービスでは、装置ご購入時の「据付・試運転・保守、修理、部品販売」をベースに、「機器レンタルやリモート対応」、「受託校正・試験などを行う分析・試験代行」まで、幅広いソリューションを提供します。
バッテリ劣化評価サービスでは、お客様からお預かりしたバッテリの劣化試験からグローブボックス内での解体、弊社の多種多様な分析機器を用いた劣化原因分析、分析結果の提出まで実施します。

バッテリ評価のOne Stop Service

関連カタログ

バッテリ受託分析
リチウムイオン電池の劣化評価

バッテリ受託分析
電池材料の進化を分析

バッテリ開発支援

車載バッテリシステムのエンジニアリング

HORIBAは、お客様のご要望に応じたバッテリパックのシステム開発をトータルで支援するエンジニアリングサービスを提供します。
システム要件を満たすセルの選定からバッテリモデルの開発、システム最適化設計、試作・評価まで行います。
モビリティ開発で世界をリードするエンジニアリングサービスとノウハウを活かし、車載に最適なバッテリシステムを開発します。

●セル選定:独自の特性評価プロセスでシステム要件を満たすバッテリセルを選定します。

●モデル開発:より効率的で高密度・長寿命なバッテリのための、熱マネジメント、BMS開発など目的に応じたシミュレーションツールを用いてバッテリモデルを開発します。

●最適化設計:バッテリ冷却装置や車両冷却装置、空調装置を統合したサーマル解析を用い、エネルギー・熱マネジメントを考慮した統合最適化設計を行います。

●試作・評価:モジュール・パックの組み立てを実施し、バッテリの充放電試験・環境試験・安全性試験などを実施します。

バッテリ開発支援(エンジニアリングソリューション)

カタログ・ご紹介動画

バッテリシステムエンジニアリング

電動車両用バッテリや燃料電池を評価・解析するテストラボ「CELL0」

バッテリの材料分析

劣化評価・品質管理

HORIBAは多種多様な分析計で、電池材料の研究開発も支援します。

●電極スラリーの凝集評価 レーザ回折/散乱式粒子径分布測定装置 Partica LA-960V2
正極スラリーの粒子径分布は、リチウムイオンの動きや充填率、凹凸などに影響を及ぼすため、スラリーの粒度分布評価が必要です。
しかし、従来の粒度分布計では試料を希釈する必要があり、希釈によって状態が変わってしまうなど正確な評価ができませんでした。
Partica LA-960V2の高濃度セルユニットを用いることで、希釈することなく凝集状態を評価できます。

●バッテリの正極分析 ラマンイメージング装置 LabRAM Soleil
バッテリの耐久性は電動車両の普及の課題となっており、劣化状態を把握し対応することが求められています。
LabRAM Soleilは正極の各成分のラマンイメージングを素早く行い、局在変化を確認、未使用品と劣化品の違いを可視化できます。

●セパレータ上の金属異物分析 微小部X線分析装置 XGT-9000
リチウムイオン電池のセパレータ上に導電性の異物があると、短絡して不具合を引き起こすため、品質管理において金属異物の検出と元素分析が必要です。
XGT-9000は、大型の試料でも大気圧下で分析でき、クリアな光学像と高輝度X線により、簡単・迅速な異物分析を実現します。

バッテリの材料分析(電池材料の研究開発支援)

ダイジェストセミナー動画

電動車両の効率向上の実現に欠かせない電池材料評価(32分22秒)

さまざまな分野で身近に普及しているリチウムイオン電池や、次世代電池として期待されている全固体電池の研究開発では、より高品質・高性能を目指し、新たな分析・評価技術が求められています。 HORIBAは、電池材料の研究開発から生産管理、電池性能評価、電動車両開発支援まで、トータルの分析・計測ソリューションを提案しています。電池性能評価は、小型電池(単セル)から大型電池(電池モジュール/電池パック)まで幅広い電池の評価が可能です。

本セミナーでは、リチウムイオン電池・全固体電池向けアプリケーションをご紹介します。

燃費規制の強化で求められる軽量化材料評価(13分18秒)

燃費規制の強化や電動化に対応するため、車体材料の軽量化が求められています。また、軽量化・マルチマテリアル化に伴い、異種素材の接合など、材料特性や経済性を鑑みて、長所を活かすための研究が進められています。

本セミナーでは、軽量化材料・マルチマテリアル向けアプリケーションをご紹介します。

カタログ・ご紹介動画

HORIBA 電池 分析・計測アプリケーション集 Battery Navi

バッテリ充放電特性評価

バッテリセル・モジュール・パックの性能評価

バッテリの充放電評価が可能な装置も提供します。
●評価装置の特長
・最大出力1000 kWまでのバッテリに対応し、安全性設計に基づく開発段階での厳密な試験など、さまざまなバッテリ評価が可能
・お客様の計測ニーズに柔軟に合わせた最適な装置をご提案
●計測制御を一括制御する統合管理ソフトウェア:試験工数削減や安定した装置稼働をサポート
・装置のパラメータやステータスの設定・表示
・スクリプトの作成、実行
・計測データを一括管理
・トラブル発生時に速やかに原因を特定
・複数の試験室での遠隔制御やスクリプトの共有など統合管理
・充実したトレーニングを提供

バッテリ充放電特性評価

カタログ・ご紹介動画

燃料電池・二次電池 評価システム総合カタログ

電動車両用バッテリや燃料電池を評価・解析するテストラボ「CELL0」

ラボとラボをつないでシステム適合を効率化

「Test in the Loop™」

車両システムを想定した評価を可能にする 「Test in the Loop™」

電動化・知能化により、車両の多様化・複雑化が進むにつれ、システムを構成するサブシステムの階層も急速に深さを増しています。この複雑なシステムをいかに効率よく最適化するかが、次世代モビリティ開発の課題になっています。

従来からの手法である実車評価は、高精度な評価ができますが、車両の組み立てに多くの工数・費用が必要となります。一方でモデル環境を活用したバーチャル評価は、車両の組み立てが不要で高い投資効率で評価ができるため理想的な手法ではありますが、モデル精度の面でまだまだ課題があります。

Test in the Loop™は、パワートレインやエンジンなどの試験室間を電力線や信号線でつなぎ、バーチャル(モデル・エミュレータ)とリアル(供試体)を任意に組み合わせることで、実車評価に近い精度・シミュレーション評価に近い投資効率を実現する新たな評価手法です。
バッテリ・燃料電池・エンジンといったコンポーネントから、eAxle(イーアクスル:駆動モータやインバータ、トランスアクスルなどからなるユニット)をはじめとするサブシステム、さらには車両システムまでの適合を可能にします。

※Test in the Loopは、(株)堀場製作所の商標または登録商標です。

075-325-5174
電話受付時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日・2/12・4/9・5/1~5/9・10/8を除く月〜金)

075-325-5174
電話受付時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
(祝祭日・2/12・4/9・5/1~5/9・10/8を除く月〜金)