新しいクルマをつくるエンジニアリング

お客様と「新しいクルマづくり」をグローバルで追及

HORIBAグループは、次世代モビリティ開発に取り組まれるお客様との協力体制を構築し、「新しいクルマづくり」をグローバルで追及しています。その一例をご紹介します。

Keynote Speech

「BEYOND MEASURE. 」 ー クルマづくりの未来を、新しいHORIBAとともに。

(株)堀場製作所 代表取締役社長 足立正之

(画像をクリックすると再生します)

HORIBAは長年「はかる」技術に徹底的にこだわり、クルマづくりの最先端でお客様と一体となってその技術を磨き上げてきました。
そして今、私たちは高精度な「はかる」技術を活かした、効率的な車両開発環境を提供し、新しいクルマづくりのプロジェクトを多くのお客様とともに、 グローバルスケールで次々と始動させています。
HORIBA SHOWCASEでは そうしたプロジェクトの具体例と、これまでの多くの協業を通じて培った車両開発効率化ソリューションをご紹介します。
皆様の新しいクルマづくりのパートナーである HORIBAの取り組みに、ぜひご注目ください。

 

次世代モビリティ開発支援

自動車メーカーとの共同開発プロジェクト

事例1:REEオートモーティブ社が英国HORIBA MIRA社施設内に研究開発センターを開設

次世代EVプラットフォーム「REEboard」

2021年2月、Eモビリティをリードするイスラエルの新興企業REE社は、HORIBA MIRA社が運営する英国ミッドランドに広がるMIRAテクノロジーパークに新しいエンジニアリング研究開発センターを設立することを発表しました。
REE社の技術革新は「REEcorner」※の開発により完全フラットで拡張性が高くモジュール化された次世代EVプラットフォーム「REEboard」を実現したことです。
REE社は英国に開設するエンジニアリング研究開発センターにおいて、エンジニアリング設計、検証試験、妥当性確認試験、車両試験、製品認証などの各種試験を主導し、REE社独自の技術を駆使したEVプラットフォームの大量生産を加速することで、EV車のグローバルでの需要増に応える計画です。
HORIBAグループは、HORIBA MIRA社が保有する世界クラスの試験施設と技術スタッフによるエンジニアリングサポートをREE社に提供し、REE社が供給をめざす各国の要件に合わせた「REEboard」および「REEcorner」の開発支援を行うことで、EV車のグローバル普及を加速させ、ゼロエミッション社会の実現に貢献します。

※ 従来の自動車の部品 (ステアリング機能、ブレーキ機能、サスペンション、パワートレイン、および制御機能) すべてをホイールアーチに統括した革新的なREE社の技術。この技術によりシャシ(バッテリーを含む足回り関連の構成部品)が完全フラットなEVプラットフォームを実現。

事例2:トルコの自動車メーカーTOGG社が進めるEV SUV車の研究・開発プロジェクトに HORIBA MIRA社が参画

トルコの自動車メーカーTOGG社が進めるEV SUV車の研究・開発プロジェクトに HORIBA MIRA社が参画

トルコの自動車メーカーTOGG社は欧州のSUV市場に向けて、スポーティなフィーリングとレスポンスの良い走り、正確なハンドリングを可能にする高性能な車両の投入をめざしています。トルコが初めて生産する国産電気自動車としても注目されているこの革新的なEV SUV車の研究・開発プロジェクトにHORIBA MIRA社が参画します。
HORIBA MIRA社とTOGG社は共同でサスペンションを含む車体の設計を行い、その中でHORIBAMIRA社は、TOGG社の設計・開発メンバーと共に、車両ダイナミクス特性、NVH特性、および耐久特性などの車体開発を担当します。

コネクテッド・自動運転評価評価

自動運転の開発エンジニアリング総合施設「ASSURED CAV」

自動運転技術の実用化に向けて、公道で起こりうる様々な事象及び環境を再現し、システムユースケースやシナリオを柔軟に作成する技術・機能を備えており、HORIBA MIRA社が保有する様々な車両試験施設と有機的に機能させることで、車両の制御性能や安全性を評価・検証する試験を包括的に実施できる画期的な施設です。自動車開発を長年支援してきたHORIBA MIRA社の車両開発エンジニアリングの提供と合わせて、コネクテッド・自動運転技術の高度化やスマートモビリティ社会の実現をサポートします。

自動運転の開発エンジニアリング総合施設「ASSURED CAV」

自動運転の開発エンジニアリング総合施設「ASSURED CAV」施設概要

自動運転の開発エンジニアリング総合施設「ASSURED CAV」施設概要

  • 直線1km、直径300mの制御可能通信網を備えた専門評価コースを設置

    • 高速走行での限界性能、分合流、レーンチェンジ、高速走行からのブレーキなどの様々なシナリオでの評価が可能

  • 市街地環境(歩行者、自転車、渋滞、路上駐車など複雑な交通状況)を再現可能な専用コースを設置
  • 自動駐車評価エリアを設置

    • 立体駐車場などの複雑な環境で車が自動的に駐車スペースを探し駐車、また自ら出庫して運転者の元へ戻る一連の動作検証が可能

  • 5Gモバイルプライベートネットワークにより、車両間および車両から各インフラとの通信を検証
  • 仮想空間によるシミュレーション試験
  • HORIBA MIRA社に隣接するCAV対応公道(約300マイル)とMIRAテクノロジーパーク内試験コースを活用した実車評価試験が可能

カタログ・ご紹介動画

自動運転市街評価路・自動駐車評価エリア

安全のトータルマネジメントエンジニアリングサービス

「Vehicle Resilience(VRES)」

コネクテッド・自動化・電動化への流れにより、車両はより複雑になり、それにより脆弱性が増しています。これらは自動車メーカにとって大きな品質課題であり、車両品質の低下は、お客様とブランドイメージへ大きな影響をもたらす可能性があります。
Vehicle Resilienceエンジニアリングでは、最新の業界標準に基づき、電動車、コネクテッド・自動運転車における機能安全、サイバーセキュリティ、電磁波レジリエンス(電磁適合性/電磁界暴露、有線・無線接続性)を、コンセプトから量産後までの全ライフサイクルで包括的に支援します。
お客様がより安全でレジリエンス(課題への耐性・回復力)のあるシステムとサービスを市場に提供できるよう、電気・電子部品の開発をサポートします。

安全のトータルマネジメントエンジニアリングサービス 「Vehicle Resilience」

サイバーセキュリティ

サイバーセキュリティ

従来、自動車業界におけるセキュリティは、盗難防止対策に関連したものでした。しかし、近年の車両のコネクテッド化・自動化により、外部インタフェースや車載電気・電子コンポーネント経由のサイバー攻撃に対する安全性が新たに求められるようになりました。
VRESでは、ISO/SAE 21434やSAE J3061など、主要な国際標準化委員会や規制委員会に参加し培ったハイレベルなエンジニアリング力で、新たな、かつ厳格な国際標準に則った、厳密なエンジニアリング・コンサルティングを提供します。

  • 最新の業界ベストプラクティスに基づいたサイバーセキュリティプロセス開発
  • サイバーセキュリティの試験・評価サービス
  • サイバーセキュリティ運用ソリューションの提供
  • 技術セミナー・トレーニングの開催

電磁波レジリエンス

電磁波レジリエンス

電磁波との接続性、電磁適合性、電磁界暴露を考慮した、複合的なシステムエンジニアリングのアプローチで電磁波レジリエンスの確立を支援します。
早期にリスクを特定し、問題を軽減するための設計主導の活動を推進します。
また、新しいプラットフォームの設計・開発では、多くの新たな電気・電子コンポーネントを使用することが多く、複雑なシステムを構成します。そのため、新しいプラットフォームを設計する際には、電気・電子コンポーネントの統合、EMC性能、保証への影響や劣化など、発生しうるリスクを低減します。
これらのサービスを実現する、有線・無線での「リアルワールド」性能を反映した車両機能のサインオフ指標を提供します。さらに、EMC法適合性や認証試験も実施します。

機能安全

機能安全

システム全体の安全性に不可欠な機能安全に関して、電気・電子コンポーネントの誤動作によるリスクを排除するよう定められた規格ISO 26262に従ったエンジニアリングサービスを提供しています。また、SOTIF(Safety of the intended function、意図された機能の安全性)についても、不合理なリスクが発生しないよう定められたISO PAS 21448規格に基づいて、AD/ADAS開発をサポートするASSURED CAVのサービスと連携し、リスク低減の実現をサポートします。

カタログ・ご紹介動画

サイバーセキュリティ開発支援サービス

ビークルレジリエンス(サイバーセキュリティ、機能安全、EMC)

075-325-5174
電話受付時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日・2/12・4/9・5/1~5/9・10/8を除く月〜金)

075-325-5174
電話受付時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
(祝祭日・2/12・4/9・5/1~5/9・10/8を除く月〜金)