[報道発表] 掲載内容は発表日時点の情報です。

創立50周年記念製品 第1弾 世界の高級pHメータ市場の頂点へ pHメータ「F−50シリーズ(5機種)」発売

2003年5月21日


当社は、水溶液の酸性・アルカリ性を測定する卓上型pHメータ「F−50シリーズ」をはじめとする理化学水質計器の新型5モデル全14機種を開発、5月28日に発売します。
主軸の「F-50シリーズ」は、今後の世界のpHメータ市場の頂点に立つモデルとして、「世界中のユーザーにやさしく楽しくプロの測定を提供する」コンセプトをもとに、企画・デザイン・生産に当社グループ技術力の総力を結集して開発した、創立50周年記念モデルの第1弾となる戦略的製品です。世界初のカラー液晶表示や、測定手順やポイントおよび操作が分からない時にガイドしてくれるキャラクター(=物知り博士)を、このような測定器では初めて登場させました。
「F-50シリーズ」の他は、現場測定に適したハンディタイプ(D-50シリーズ)、導電率計(DS-50シリーズ/ES-50シリーズ)、溶存酸素計(OM-50シリーズ)で、全5モデル14機種です。創立50周年モデル第1弾として創立以来手がける理化学水質計器を一挙にフルモデルチェンジします。


今回モデルチェンジする中の「F-50シリーズ」は、各種分野の実験室で使われる最もポピュラーな卓上型pHメータの新製品です。世界で初めてカラー液晶表示、ナビゲーション機能を搭載し(一部除く)、パソコンとのネットワーク接続も可能にした次世代型のpHメータです。製品外観は世界市場のユーザーをターゲットに、フランス子会社と当社のデザイナーとの合作により、南欧(地中海)の明るさをイメージした、グローバルデザインを採用しています。加えて最も先進的機能として、画面上に登場するキャラクターが測定完了までやさしく教えてくれます。測定器を使うのが初めての人でもプロ並みの測定ができます。小学校の理科の実験でも、先生の実験を観ているだけでなく、子供自身が触れて楽しく測定でき”理科”を体感する教育にも役立ちます。なお、ナビ機能ナシも選べるので、従来からのプロユースの卓上型同様に「高性能pHメータ」としても使えます。
機種は5機種あり、全機種(1)従来比5倍の強度を持ちビーカや机に誤まって当てても割れにくい電極(センサ)『タフ電極』を標準装備(2)業界初の内部基板に鉛フリーはんだを採用し環境問題に先進対応したうえで、設計にIT技術を活用することにより旧型と同価格を実現しています。


最上位機種F-55は、LAN対応および「米国医薬品食品局 電子記録/電子署名規則(FDA21CFR Part11)」に対応と、セキュリティ機能を強化したモデルで、バリデーションの関係から製薬業界で必要とされるデータの信頼性を確保します。廉価機種のF-51はカラー表示やガイド機能などを除いたシンプルモデルで16.5万円とお求めやすい価格でご提供します。
ガラス電極式pHメータを日本で初めて開発して以来、現在も国内トップシェアを持ち業界をリードしてきた当社が、創立50周年を迎えた本年、次なる50年にむけてグローバル市場の頂点に立つための「50周年モデル」の第1弾として、創立の礎であるpHメータをフルモデルチェンジし「プロの性能測定を身近に」という次代の市場を開拓先駆する商品です。

  • 今回フルモデルチェンジを行う14機種のうち、上記の卓上型pH計「F−50シリーズ(全5機種)」以外の理化学水質計器の主な特徴とシリーズ構成は以下の通りです。

    • ハンディ型pHメータ:本体・電極とも完全防水仕様で、水深1mまで測定可能。現場測定に最適。
    • 導電率計:水溶液中の導電率を計測。F−50シリーズのようなラボ用の卓上型と、防水構造で、持ちやすく動きやすいハンディ型がある。
    • 溶存酸素計:水溶液中の溶存酸素濃度(DO)や温度を計測。現場使用に耐える防水構造を採用。養殖場や活魚運搬などの水質資源の育成管理に使われている。



<主な特長>

  1. 世界初のカラー液晶とナビゲーション機能を搭載(いずれもF52.53.54.55)画面上の操作手順にしたがって進むだけで測定可能。さらに操作が分からない時やエラー発生時にはナビボタンを押せば画面上にキャラクターが登場し、測定が完了するまで操作方法や電極の状態などを教えてくれます。卓上型は高級で専門家向けというイメージを一新し「楽しみながら」高精度測定ができるように工夫しています。
  2. 世界最小・最強の割れにくい電極『タフ電極』を採用従来より5倍の強度(当社比)があるので電極本体を攪拌棒代わりに使ってビーカの中をかき混ぜても割れにくく、より安心して使えます。直径3㎜と温度センサ付では世界最小の「マイクロタフ電極」など、全部で5種類の電極を新たに開発。用途・使用環境に合わせて最適電極が選べます。
  3. 「米国医薬品食品局 電子記録/電子署名規則」(FDA21CFR Part11)」に対応(F-55)。セキュリティ機能の強化で、製薬業界で必要とされているデータの信頼性を確保。
  4. 業界で初めて、内部プリント基板の組み立てや配線に無鉛はんだを使用。時代の要請である環境問題にいち早く対応したpHメータ。




<F-50シリーズ価格帯>16.5万円(F−51形)〜40万円(F−55形)
<その他の新製品価格帯>

  • D-50シリーズ/5.9〜12.9万円
  • DS-50シリーズ/20〜25万円
  • ES-50シリーズ/9.8万円
  • OM-50シリーズ/16〜23万円





<販売目標台数>
(F-50シリーズ5機種計)初年度4千台 次年度6千台
(全シリーズ14機種合計)初年度1万台 次年度1万2千台


<pHメータ 用途例>
pH測定は、物質の化学的性質の理解や化学反応を管理するための第一段階。
幅広い分野でpH測定が行われる。
食品、医薬品の品質管理、上水道、下水道の水質管理等。



  • F−50シリーズ主な仕様
    測定方式:ガラス電極法
    表示部:画面カラー液晶モニタ(5.65インチ)(F-51はモノクロ)
    外形寸法:179(W)×230(D)×79(H)mm(本体)
    本体重量:約1.1kg
    電源:ACアダプタ(100V〜240V)