残留塩素計 スタンダードタイプ <HR-480>

概要

工業用残留塩素計 HR-480は、飲料水の殺菌効果やスイミングプールの水質監視などの指標となる、遊離残留塩素を連続測定します。
組み合わされるセンサには、駆動部がないガルバニ電池法を採用しているためメンテナンス性に優れており、また長期間安定して測定することができます。

特長

  • 飲料水、スイミングプールなどの水質管理に最適
    飲料水の殺菌効果やスイミングプールの水質監視などの指標となる、遊離残留塩素を連続測定します。
  • ガルバニ電池法を採用
    ポーラログラフ法に比べてガルバニ電池法の電極はメンテナンス性に優れ、電極を研磨する必要がなく、半恒久的に使用することができます。
  • pH電極、ORP電極、温度センサを同一セルに装着することが可能
    残留塩素のほか、pH・ORP・温度センサを同一セルに装着でき、低コストにシステムが構築できます。
  • 低濃度の測定液でスパン校正が可能
    高濃度の校正液を別途に準備しなくても、現場で簡単に校正作業を行うことができます。
  • 鉛フリーはんだを採用
    環境負荷を低減するため、プリント基板への部品の実装時に使われるはんだを鉛フリー化しています。

製造会社: HORIBA Advanced Techno

仕様

製品名

工業用残留塩素計

型名

HR-480

測定対象

遊離残留塩素

測定方式

ガルバニ電池法

測定範囲

0〜2mg/L 分解能:0.01mg/L(小数点以下1桁、2桁選択表示可)

電源

定格電圧100〜 240VAC 50/60Hz 10VA(max)

構造

パネル取付け屋内設置型
パネル部 防滴構造

保護構造

パネル部:IP65(IEC60529,JIS C0920)

適合規格

CEマーキング、FCC規則

外形寸法

48(W)×96(H)×115(D)
ケース奥行:約105mm(パネルマウント時)

質量

約400g

適合センサ

RS-1


製品を探す

  • 産業インフラで探す
  • ソリューションで探す
  • 測定項目で探す
  • シリーズで探す
  • その他