概要

堀場製作所に隣接している京都サービスステーション。
自動車計測/環境・プロセス/医用/半導体/科学システム機器をご使用のお客さまへ製品サポートを行っています。本社のお膝もととして、迅速なサービス対応および顧客満足の追求を使命として活動することが京都サービスステーションの役目です。

主要担当製品

セグメント名 自動車計測 環境・プロセス 医用 半導体 科学
取り扱い製品

[自動車計測システム機器]
エンジン排ガス測定装置、車載型排ガス計測システム など

[環境・プロセスシステム機器]
煙道排ガス分析装置、大気汚染監視用測定装置 など

[医用システム機器]
自動血球計数装置、自動CRP測定装置 など

[半導体システム機器]
全自動超薄膜計測システム、レティクル/マスク異物検査装置 など

[科学システム機器]
エネルギー分散型X線分析装置、ラマン分光測定装置、分光エリプソメーター など

所在地&社屋外観写真

〒601-8305
京都市南区吉祥院宮の東町2番地
075-325-5291

医用セグメント製品でご用件がおありの方は、連絡先が別になります。
こちらの電話番号をご利用ください。

【医用専用ダイヤル】
075-325-3040

アクセス情報/MAP

公共交通機関

  • JR東海道本線「西大路」駅より徒歩15分
  • 阪急京都線「西京極」駅より16分
Loading...

地図を印刷するスマートフォン用のページをメールで送る地図を開く

拠点便り

第17回JR京都駅ビル大階段駈け上がり大会に参加

2月15日(土)、JR京都駅ビル大階段駈け上がり大会が開催され、HORIBAグループから“HORIBA Joy & Fun”チームと“堀場テクノサービス”チームが出場しました。この大会は今年で17回を迎え、京都駅ビルの171段、高低差約30mにもなる大階段を駈け上がります。45歳以上と女性を含む4人1組で参加し、団体の部は4人の合計タイムで競います。年々注目度が高まっていて、岡山や広島などからの参加チームもあり、今年は各地から80チーム、総勢320名の選手が集いました。

当日は生憎の雨天でしたが、堀場テクノサービスからは2年振りの出場となり、雨にも負けず気合十分で臨みました。スタミナとスピードのバランスが求められるこのレースで、今年の選手は長距離ランナー2名と新入社員2名の、安定感と勢いの融合を目指した新たな布陣。堀場テクノサービスの誇る長距離ランナーの2人は翌日に行われる京都マラソン出場が控えるも、応援団の声援に応え、なりふり構わない気迫あふれる激走を披露。新入社員2人も若さと気合いのみなぎる走りで、各選手とも期待を上回る見事な駈け上がりを見せてくれました。

記録はおととしのタイム(2分30秒26)をわずかに上回ったものの(2分29秒56 総合36位)、選手一同、「まだまだ納得がいかない」と来年以降の雪辱を誓い合いました。(HORIBA Joy & Funチームは2分03秒82で総合16位でした。優勝チームはなんと1分33秒64!)
大変寒く、雨で足元も滑りやすい中でしたが、多数のホリバリアンが応援に駆けつけ、選手もけがもなく無事に走り切ることができ、充実した1日となりました。 

拠点だよりTOPへ

  


びわこペーロンに出場

琵琶湖の夏の風物詩となっているびわこペーロン。堀場テクノサービスは2001年の出場以来毎年参加しており、今年も出場しました。当日は気温38度と過去にない猛暑でしたが、多数の人が応援に駆けつけ声援を送る中、選手一同力を合わせて一所懸命ペーロンを漕ぎました。

この大会は全国から強豪が集い、年々レベルが上がっています。23回目の開催となる今年は、滋賀県内外から39チームが参加。予選は1レース4チーム毎に行い、上位2チームが勝ち上がる形式で、選手たちは「今年こそ予選突破!」を合言葉に気合十分でチャレンジ。激しい接戦を繰り広げたものの、惜しくも最後の追い込み及ばず3着に終わりました。

直後に行われた敗者復活戦では1位のチームが勝ち上がることができますが、気を取り直して臨んだもののアクシデントが発生し、3着で予選敗退。結果は残念でしたが、それぞれに大会を楽しみ、また地域貢献意識や従業員間の信頼感・団結力が一層高まりました。来年こそは予選突破を目指します!

 拠点だよりTOPへ