一酸化炭素(CO)濃度測定装置 APMA-370

概要

CO濃度測定装置APMA-370は、JIS B 7951「大気中の一酸化炭素自動計測器」に規定された非分散形赤外線吸収方式(NDIR)に基づく測定装置です。クロスモデュレーション方式の採用により、長期安定性を実現し、加えて、干渉補償形検出器(AS方式)の採用および試料ガスを酸化触媒処理(CO→CO2)した比較ガスを用いることによって、干渉成分の影響を除去した高精度測定が可能です。

用途

  • 大気汚染監視
  • ミルクパウダーなどの防塵防爆管理
  • バルクガス管理
  • 燃焼器具排ガス測定

特長

  • 高感度、高安定性を実現
    クロスモデュレーション方式非分散形赤外線吸収方式を採用しているため、光学調整が不要でゼロドリフトフリーの高感度・高安定性を実現しました。
  • 干渉成分の影響を除去
    干渉補償形検出器(AS方式)の採用と、比較ガスを酸化触媒処理(CO→CO2)したガスを用いる方式により、干渉成分の影響を除去した高精度測定を実現しました。
  • データ回収が可能
    コンパクトフラッシュ®カードに直接データを読み込み、データ回収が可能です(オプション)。
  • リモート操作が可能
    データインターフェースの充実、リモート操作が可能です(LAN接続端子、RS-232C)(オプション)。

※コンパクトフラッシュはサンディスク株式会社の登録商標です。

関連アプリケーション

FCV用水素燃料製造に伴う不純物監視


製造会社: HORIBA

仕様

項目

仕様

測定成分

大気中の一酸化炭素(CO)

測定レンジ

標準1:0 ~ 10/20/50/100 ppm
標準2:0 ~ 5/10/20/50 ppm
0 ~ 5/100 ppm の間で最大レンジ比10 倍4 レンジ以内(オプション)
自動レンジ切替、外部切替可(オプション)

最小検出感度

10 ppm レンジ以下:0.05 ppm(2 σ)
10 ppm レンジ超:フルスケールの0.5%(2 σ)

繰返し性

フルスケールの±1.0%

直線性(指示誤差)

フルスケールの±1.0%

ゼロドリフト

10 ppm レンジ以下:±0.1 ppm/日 ±0.2 ppm/週
10 ppm レンジ超:フルスケールの±2.0%/日 フルスケールの±2.0%/週

スパンドリフト

フルスケールの±2.0%/日 フルスケールの±3.0%/週

周囲温度変化に対する安定性

周囲温度範囲内5℃変化でドリフトを満足する

応答時間

装置入口より90%応答 60秒以下

干渉影響

水分(25℃ 80%)にて
  50 ppm レンジ以下:±0.3 ppm
  50 ppm レンジ超:フルスケールの±1.0%
CO2 0.1%にて
  50 ppm レンジ以下:±0.3 ppm
  50 ppm レンジ超:フルスケールの±1.0%

試料ガス採取流量

約1.5 L/min

補助ガス

なし

表示

タッチパネル式LCD(バックライト付、有効桁数4桁)測定値、レンジ、アラームなど

アラーム

校正エラー、バッテリエラー、圧力エラー、精製器温度エラー、電源断など

入出力

0 ~ 1 V(瞬時値および1時間平均値(積算値)または平均値の2 系統)
接点入出力(レンジ、外部リセット、テレメータ故障、アラームなど)
RS-232C(オプション)

周囲温度・湿度

0 ~ 40℃ 相対湿度 85%以下

外形寸法

430 (W) × 550 (D) × 221 (H) mm

質量

約16 kg

注記 : 上記仕様は環境大気常時監視マニュアルおよび JIS に準拠しています。

外形寸法図・他(単位:mm)

APMA-370 外形寸法図 (mm)

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

HORIBA
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)

[大型連休に伴う休業のお知らせ]
2021年5月1日(土)〜2021年5月9日(日)までの間は、大型連休にともないカスタマーサポートセンターの業務を休業させていただきます。あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。

関連製品

全炭化水素(THC)濃度測定装置 APHA-370

JIS B 7956「大気中の炭化水素自動計測器」に規定された水素炎イオン化検出法(FID)に基づく装置です。VOCの除外装置評価や、触媒実験用低濃度HC測定に活用できます。

硫黄酸化物(SO2)濃度測定装置 APSA-370

JIS B 7952「大気中の二酸化硫黄自動計測器」に規定された紫外線蛍光法(UVF 法)に基づく測定装置です。クリーンルーム内の雰囲気監視や文化財の保護環境に活用できます。