カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


医薬品の研究開発では,化学組成の分析以外に結晶性(多形)の解析に利用されている。また,自動測定システムも開発され,生産工程管理や品質管理にも応用されている。最近では,単細胞の組成分布観察などバイオ分野での研究においても注目を集めている。


蛍光寿命顕微鏡(FLIM)では、寿命の情報と空間の情報の両方を取得することができるため、歯の構造やその発光特性の調査に適しています。


蛍光応用として、「水中のマイクロエマルション」と、「紫イモ中のアントシアニン形成および分布」の二つの事例について紹介します。


光合成は地球上でもっとも重要なプロセスのひとつです。光は葉の表面でクロロフィルによって吸収され、光合成に利用されます。余分なエネルギーは熱や発光として放出され、その割合が光合成効率とされてきました。


金属表面に蛍光分子を結合させるとプラズモン効果が見られます。金属増強蛍光と言うこともあり、光物理学的特性の増強として使われています。


ストップドフローアクセサリーを装着し、光源に100MHz対応のDeltaDiodeを用いた蛍光寿命装置DeltaFlexシステムを使って、蛍光物質であるクルクミンを血清アルブミンとの混合物の相互作用をモニタした様子を紹介します。


近年、食品として摂取可能な一連の化合物の中で、ヒトの体内でタンパク質との結合により相互作用を示すものが、重要な研究対象となっています。なかでもポリフェノール類は、健康意識の高まりから注目されてきました。


  • characterization of biotin-avidin system for use of biomaterials by spectroscopic ellipsometer

  • Spectroscopic ellipsometric measurements on biochip structures in a liquid flow cell environment.

  • 液体フローセル中のバイオチップ構造の分光エリプソメトリック測定

  • 位相変調式分光エリプソメーター「UVISEL」を用いたDNAセンサパッドの特性測定
    (本文は英文です)

  • Ca2+,Na+,Ph,生体膜電位のIn VIVO測定。
    (SPEX FluoroMaxを使ったアプリケーションの一例)

  • GD-OES法はスパッタ時に試料に与えるエネルギーが約50eVと小さく、スパッタによる試料のミキシングが少ないため、最表面における高分解能な測定が可能です。ここでは、GD-OESによる最表面分析事例をご紹介するため、基板表面に単分子膜が形成される試料で測定を試みました。

  • 分光エリプソメーターによるバイオマテリアルの評価例 

PDF形式のファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。上のボタンから、アドビシステムズ社のダウンロードページにアクセスすると、無料で入手することが出来ます。