カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


鉛(Pb)は地殻に比較的多く含まれ、またその高い加工性から何世紀にもわたって水道管の材料として用いられてきました。しかし20 世紀に入ってようやく、科学技術の発達により鉛が人体に悪影響をもたらすことが判明し、特に乳幼児や妊婦については、鉛の摂取や吸入により脳、腎臓、さらに神経系への損傷を引き起こす可能性があることが指摘されています。


ポリ塩化ビニル(PVC)を高温に熱すると、腐食性の塩酸(HCl)が生成されることがあります。例えば、プラスチック再生工程において、焼却炉の耐熱材料など、リサイクル設備の劣化原を早める原因となります。さらにPVCは、再生プラスチックの品質を損なわせ、さらに製品価格の低下にもつながるため、リサイクル工場ではプラスチック材料からPVCのみを選別し分離させる必要があります。こうした現場では迅速で簡易、かつオンサイトで使用できる選別装置が求められており、ポータブルな蛍光X 線分析装置(XRF)は最適なツールとして選ばれています。


PDF形式のファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。上のボタンから、アドビシステムズ社のダウンロードページにアクセスすると、無料で入手することが出来ます。