カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


1 ~ 20 件を表示(全 22 件)

Page 1

Page 2

次へ »

HORIBA Jobin Yvon(ホリバジョバンイボン)社の新しい蛍光分光光度計FluoroMax™-4 は,自動偏光子ユニット,リン光測定ユニット,時間分解寿命測定ユニット等の多彩なオプションを搭載することができる。遺伝子発現の生化学的研究や,生体 分子間の蛍光共鳴エネルギー移動(FRET),生体環境における蛍光異方性測定に最適な装置である。


液体に関する様々な量を測定する手法としては,電気化学測定と光測定の2つが代表的な方式である。前号で紹介した電気化学測定法に引き続き,今回は HORIBAグループがもつ光測定を応用した液体計測技術について紹介する。


食品由来の蛍光発光は単一成分由来であることはほとんどなく、通常複数成分が混ざり合った状態で観察されるため、複雑な発光を示します。三次元蛍光測定(蛍光指紋)は、これらの発光情報を一度に測定できる簡便な方法です。


  • 蛍光測定に対応可能な顕微用光ファイバーアダプタのご紹介(本文は英文です)

  • リン光測定ユニットによるFRET(蛍光エネルギー移動)測定(本文は英文です)

  • NIR(近赤外)領域対応可能な蛍光分光光度計 FluoroMax(本文は英文です)

  • 蛍光分光測定システム FluorologとFluoroMaxの感度について(本文は英文です)

  • 人間の皮膚の内在蛍光発光のIn vivo測定(本文は英文です)

  • サンスクリーンのUVA保護効果のIn vivo評価(本文は英文です)

  • 微小・固体サンプルの蛍光分光測定(本文は英文です)

  • カーボンナノチューブのNIRスペクトル測定のための感度(本文は英文です)

  • 蛍光異方性測定について(本文は英文です)

  • モレキュラービーコンをつかった蛍光測定アプリケーション(本文は英文です)

  • 室温燐光測定について。
    (SPEX Fluorologで燐光が測れます)

  • 新製品「NanoLog」を用いたカーボンナノチューブの近赤外蛍光スペクトル測定

  • CNT、量子ドット、有機EL等のナノ光学研究における蛍光分光分析の活用 (本文は英文です)

  • 量子収率測定の求め方(本文は英文です)

  • 近赤外測定を実現できる蛍光分光測定装置のご紹介。
    (SPEX Fluorologを使ったアプリケーションの一例)

  • DataMaxソフトウェアの説明。
    等高線マップや3Dデータの求め方。
    (SPEX FluoroMax-3、SPEX Fluorolog-3)

  • SPEXりん光ユニットを用いたりん光寿命測定。
    (SPEX FluoroMax-P、SPEX Fluorolog-3+Phosを使ったアプリケーションの一例)

1 ~ 20 件を表示(全 22 件)

Page 1

Page 2

次へ »

PDF形式のファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。上のボタンから、アドビシステムズ社のダウンロードページにアクセスすると、無料で入手することが出来ます。