カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


金属イオンを含んだ水の金属イオン濃度と屈折率の関係がわかれば、浸漬フォトリソグラフィや液体レンズへの応用が期待できます。分光エリプソメトリーでは、液体の屈折率の波長分散を、精度よく求めることが可能です。(本文は英文です)


本研究では非破壊・非接触で評価できる分光エリプソメトリーとラマン分光法を用いて、色素増感太陽電池素子の膜厚、粒子の大きさ、空孔の比率の評価を行った。


  • 分光エリプソメーターの原理

PDF形式のファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。上のボタンから、アドビシステムズ社のダウンロードページにアクセスすると、無料で入手することが出来ます。