FCV用高純度水素製造時の不純物監視運用事例

製造される水素の中でも、燃料電池車両(FCV/FCEV)用高純度水素への需要が特に増加傾向にあります。FCV用の高純度水素はISO14687-2で99.97%以上、各不純物ガス濃度についても基準が設定されています。FCVの燃料供給設備である水素ステーションにはオンサイト型とオフサイト型の2つに大別されます。

オンサイト型
(オンサイト水素ステーション)
オフサイト型
(オフサイト水素ステーション)
水素ステーションに都市ガス(LNG/LPG)、メタノール等を貯蔵しておき、ステーション内で改質し高純度水素を製造しFCVに供給する設備です。既存の燃料を使えることが特長です。オンサイト水素ステーションと呼ばれます。 ほかの場所で製造された高純度水素をステーション内タンクで貯蔵し、そこからFCVに充填する設備です。水素ステーション内での水素製造用の改質がないので設備の立ち上がりが早いことが特長です。オフサイト水素ステーションと呼ばれます。

FCV用の水素はISO14687-2で99.97%以上、各不純物ガス濃度についても基準が設定されているため、FCVに供給される高純度水素中の超低濃度の不純物ガス(CO、CO2、CH4)を測定し管理することが重要です。オフサイト水素ステーションでは水素製造工場での製造プロセス、例えばPSA法(PSA:Pressure swing adsorption:圧力変動吸収法)を利用した高純度水素精製時に不純物ガスを監視・管理することが大切です。

オンサイト水素ステーションでは水素製造の原料に都市ガス(LNG/ LPG)使用時は、高純度水素中の不純物ガスの監視・管理に加え、改質する前の脱硫処理での硫黄化合物ガスの計測も重要です。HORIBAはリアルタイムでの水素中の不純物ガス(CO、CO2、CH4)計測や監視とともに、脱硫前後の二酸化硫黄(SO2)ガスも監視する事で、FCVへの高品質な水素供給に貢献します。

水素製造プロセスで発生する不純物のうち、CO、CO2、CH4の濃度を監視し、高純度水素ガスの品質を管理

製造される水素の中でも、燃料電池車両(FCV/FCEV)用高純度水素への需要が特に増加傾向にあります。FCV用の高純度水素はISO14687-2で99.97%以上、各不純物濃度についても基準が設定されています。この純度を確保するためにもPSA法(PSA:Pressure swing adsorption 圧力変動吸着法)を用いて水素純度を高める必要があります。HORIBAは水素中の超低濃度不純物ガス濃度の連続計測により、PSA法(PSA:Pressure swing adsorption 圧力変動吸着法)に使用されている吸着材などの劣化(不純物吸着飽和)監視に貢献する計測ソリューションをご提案します。

高純度水素中の超低濃度不純物ガス監視
微量ガス分析計 GA-370

不純物濃度をオンラインで監視することで、水素の品質管理とコスト低減に貢献

燃料電池車両(FCV/FCEV)用の高純度水素はISO14687-2で99.97%以上、各不純物ガス濃度についても基準が設定されています。特にFCVの燃料供給設備であるオンサイト型の水素ステーションでは、車両に搭載された燃料電池の劣化につながる高純度水素中の不純物ガス(CO、CO2、CH4)をステーション内の高純度水素製造でいかに減少させるかが課題の1つです。HORIBAは不純物ガスの濃度を高精度に監視するソリューションを提供する事ことで課題解決に貢献しています。

またオンサイト水素ステーションでは、高純度水素製造の原料に都市ガス(LNG/ LPG)使用時は、改質する前の脱硫処理も重要です。HORIBAはリアルタイムでの水素中の不純物ガス(CO、CO2、CH4)計測や監視とともに、脱硫前後の二酸化硫黄(SO2)ガスも監視する事で、オンサイト水素ステーションでの高品質な水素供給に貢献します。


HORIBAグループにおける水素エネルギーの取り組みをわかりやすく紹介するウェブサイト「水素エネルギー」も特設しました。
こちらもご覧ください。