大気汚染・室内空気質計測機器

硫化水素(H2S)濃度測定装置 APSA-370/CU-1【高感度】

概要

H2S濃度測定装置APSA-370/CU-1は、酸化触媒を用いて、硫化水素(H2S)を二酸化硫黄(SO2)へ変換後、紫外線蛍光法(UVF)で測定します。大気中水分濃度変化による指示誤差を低減するために、サンプルラインに除湿器を設置し、触媒反応を安定させることにより、長期安定性を実現しています。最小検出感度0.1 ppbの高感度を達成しました。

用途

  • 大気汚染監視
  • クリーンルーム内の雰囲気監視
  • 文化財の保存環境

特長

  • 大気中のH2Sを高感度で連続監視できます。
  • 吸収液や試薬が不要です。

関連アプリケーション


製造会社: HORIBA

仕様

項目

仕様

型式

APSA-370(特殊仕様)+ CU-1

測定原理

紫外線蛍光方式 + 酸化触媒

測定レンジ

0 -10 / 20 / 50 / 100 ppb

最小検出限界
(一定の条件下での代表値)

0.1 ppb

応答時間(T90)

5分以内(CU-1 サンプル導入口から)

表示成分

H2S 瞬時値

アナログ出力

4 - 20 mA DC または 0 - 1 V DC

通信インタフェース

RS - 232 C または TCP / IP

サンプル流量

約0.8 L/min

測定時使用ガス

なし

校正ガス

N2ベースSO2ガスをSGGU-610にて希釈

使用温度環境

クリーンルームの温度環境

使用湿度環境

クリーンルームの湿度環境

電源電圧

AC100 - 120 V, AC200 - 240 V 

装置構成(分析計/校正装置として)

APSA-370(特殊仕様)
CU-1
SGGU-610

 

・CU-1:コンバータユニット、SGGU-610:標準ガス発生器

・分析装置は当社の微量濃度ガス分析計APシリーズをもとに、高感度化のために検出器およびその周辺情報を変更しています。また本体サイズが異なる装置もあります。

・予期せぬ原因によりクリーンルーム内の汚染物質組成に変化が生じることがあります。それにより分析装置内の触媒酸化挙動に干渉影響が発生する場合、推奨される装置の仕様・構成が異なります。

外形寸法図・他(単位:mm)

お問い合わせ・見積はこちら