OCMA-505-H

排液・環境水などに含まれる油分濃度を測定する装置です。試料水を注入後、ボタンをひとつ押すだけのワンタッチ操作で、油分抽出から測定・排液までスピーディーに簡単にご使用いただけます。

部品の残留油分や土壌など、固体に付着する油分濃度を測定する装置です。付属のセルに抽出済みの試料水を注入し、装置にセットするだけで簡単に測定が可能です。

TPNA-500

河川・湖沼・閉鎖性海域等の全窒素・全りん濃度を高精度で測定する装置です。測定試薬の長寿命化、消費電力の削減などにより、ライフサイクルコストの低減を実現しました。

Automatic COD Monitor CODA-500

最新技術と伝統技術で可能になった、低ランニングで最高性能の自動COD測定装置 CODA-500。

UV計 OPSA-150

工場排水や上水の取水口だけでなく、プロセスライン中の有機物など、幅広い用途に対応する有機汚濁物質監視モニタです。COD値に換算することも可能です。

マルチ水質チェッカ U-50シリーズ

一度の測定で最大11成分を同時測定。河川・湖沼・地下水など、フィールド対応の水質チェッカ

pH計

HP-200 (Four-Wire Analyzer)

校正機能が更に進化、フィールドでの作業工数を大幅削減します

HP-300 (Two-Wire Transmitter)

校正機能が更に進化、フィールドでの作業工数を大幅削減します

溶存酸素計

隔膜破れ、プローブ浸水自己診断機能搭載

隔膜破れ、プローブ浸水自己診断機能搭載

MLSS計

工業用MLSS変換器 HU-200SS

・スパン校正が不要な透過光式

・長寿命LED光源採用

・レファレンス光モニタ内蔵により光量変動自動補正

濁度計

水中溶存有機物(CDOM)蛍光測定装置Aqualog(アクアログ)

多波長励起‐蛍光マトリックス測定を用いた水中のCDOM(Colored Dissolved Organic Matter)評価に。

日本での水質管理のノウハウを、システムとして世界に提案

水質モニタリングシステム
水質モニタリングシステム

HORIBAでは、日本国内において、河川・湖沼の環境保全や、農業用・工業用のさまざまな水質管理用測定装置を多数納入し、長期安定運用を行ってきました。水質モニタリングシステムは、水質管理に必要な各種計測機器と、それらの敷設・運用・メンテナンスまでのトータルなサポートをシステムとして提案しています。人間の生活に必要な水環境の監視・計測は、これからより一層重要になるテーマ。HORIBAの長年の経験で世界に貢献します。