特集論文 : バッテリ・エンジンのシミュレーションによる電動系車両ドライブトレイン試験について

製作者: Norm Newberger、Bryce Johnson、  翻訳 鶴見 和也

2014年5月23日


ハイブリッド電気自動車(HEV)は,合衆国政府による144億ドルものハイブリッド車両や電気自動車等(BEVBattery Powered vehicle),次世代車両ドライブトレイン推進政策により,持続可能な車両のアーキテクチャになりつつある。シリーズハイブリッドや電気自動車(BEV)はその推進力の100%を電気に依存している。シリーズハイブリッド車とは,内燃機関(ICE)を発電用動力源として用いることで電気を生み出している。一方でパラレルハイブリッド車は電動モータと内燃機関が機械的なコンビネーションで動力を生み出している。いずれの場合でも,電動車両の駆動システムは電動モータ,駆動用バッテリーおよび,その電気を得るための補助的手法が必要となる。このような補助的電気供給源(APUAuxiliary Power Units)としては,省サイズかつ高効率な内燃機関が一般的に用いられるほか,昨今のゼロエミッションの高まりから求められる燃料電池なども代替手法として挙げられる。HORIBAグループの仮想エンジン(VEVirtual Engine)や仮想バッテリー(VBVirtual Battery)は,新たなバッテリーパックや内燃機関の開発を待つことなく,電動系駆動システムを開発するためのHILHardware-In-the-Loop)システム製品である。本稿では,HEV開発に関連するこの製品の特徴について,形状・機能および検証データについて説明する。

The hybrid electric vehicle (HEV) is becoming a sustainable vehicle architecture with the US government pouring 14.4 billion into stimulus projects that support drivetrains of new vehicles that are hybrid or battery powered (BEV). Both the series hybrid and BEV have 100% of propulsion energy coming from electricity. The series hybrid uses an internal combustion engine (ICE) to power a generator that produces electricity. The parallel hybrid powers the vehicle by a mechanical combination of electric motors and ICE. In all cases, the drivetrain needs an electric motor, a traction battery and an auxiliary method of obtaining electricity. These auxiliary power units (APU) are typically a downsized, highly efficient ICE or fuel cells for a zero emissions alternative. Horibas Virtual Engine (VE) and Virtual Battery (VB) are HIL products that allow electric motor based drivetrain development without waiting for the new battery pack and ICE to become available. Relevant product features for HEV development are discussed in terms of form, function, and verification with data.

 

PDFをダウンロード (9.1 MB)

PDFをダウンロード (8.9 MB)