特集論文 : 動的走行抵抗模擬のためのスリップシミュレーション

製作者: Bryce Johnson、 翻訳 池田 浩之

2014年5月23日


近年燃費規制が厳しくなり,自動車メーカはエンジンから路面までに至る全ての駆動系ユニットに対して高効率化を余儀なくされている。その為,駆動系ユニットとしてハイブリッド用トランスミッションやバッテリは,多くの車両に搭載されるようになってきている。運転者は車両に対しても高性能を求め続けている。横滑り防止装置やアンチロック・ブレーキ・システムのような安全装置は一層複雑になってきている。これらの背景から,自動車メーカはより一層の要求を,車両試験装置に求めるようになってきている。要求される試験に関しては,車両慣性や空気抵抗のような単純な車両負荷を模擬するだけではなく,過渡の駆動系負荷を模擬する装置が要求されている。以前は,SLRService Load Replication)を用いて過渡負荷を模擬することが可能であったが,トランスミッションのシフトチェンジや車載コンピュータからのトルク制限など,非線形の場合はSLRでは試験することができない。非線形の駆動系への過渡負荷を正しく模擬する唯一の方法は,車両シミュレーション,ホイール-タイヤ-路面モデルシミュレーションを導入することである。パワートレインコントローラ[SPARC]に実装されたHORIBAホイールスリップシミュレーションにより,このホイール-タイヤ-路面モデルシミュレーションを実現することができた。

Increasingly stringent fuel economy standards are forcing automobile manufacturers to search for efficiency gains in every part of the drive train from engine to road surface. Safety mechanisms such as stability control and antilock braking are becoming more sophisticated. At the same time drivers are demanding higher performance from their vehicles. Hybrid transmissions and batteries are appearing in more vehicles. These issues are forcing the automobile manufacturers to require more from their test stands. The test stand must now simulate not just simple vehicle loads such as inertia and windage, but the test stand must also simulate driveline dynamic loads. In the past, dynamic loads could be simulated quite well using Service Load Replication (SLR). However, non-deterministic events such as the transmission shifting or application of torque vectoring from an on board computer made SLR unusable for the test. The only way to properly simulate driveline dynamic loads for nondeterministic events is to provide a wheel-tire-road model simulation in addition to vehicle simulation. The HORIBA wheel slip simulation implemented in the SPARC power train controller provides this wheel-tire-road model simulation.

 

PDFをダウンロード (7.9 MB)