メタノールエンジン最近の動向

製作者: 堀 政彦*

1993年1月25日


*財団法人自動車研究所

メタノールは常温で液体であり自動車用石油代替燃料としては高いポテンシャルを有しているが、燃料系部品・材料に対する磨耗・腐食などがガソリン・軽油と比べて厳しく、実用化するためにはこれらの問題を解決しなければならない。一方メタノールは黒煙を発生しにくく、NOxも半減することからディーゼルエンジン用低公害燃料として着目されているが、オットータイプエンジンと同様に低温始動時に人体に有害なホルムアルデヒドが排出される。そのためメタノールエンジンを実用化するためには電気ヒーター付排気触媒などの開発が必要になる。また、三元触媒の採用によってすでに低公害化がすすんでいるガソリンエンジンと比べてオットータイプエンジン用メタノールは低公害燃料としてよりもむしろ石油代替燃料として注目されている。

PDFをダウンロード (753 KB)


PDF形式のファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。上のボタンから、アドビシステムズ社のダウンロードページにアクセスすると、無料で入手することが出来ます。