AUTOMOTIVE オートモーティブ


HORIBAでは、ラボでの評価から実路計測まで、自動車開発に必要なあらゆる計測装置を取り揃えています。材料の高強度化・軽量化に伴うマルチマテリアルの分析や、自動運転・電動化に向けたセンサ・バッテリなどの開発に貢献する分析を支えます。




車両用電子部品


積層セラミックコンデンサ(MLCC)


酸素欠損分析

ハイブリッドカーやスマートフォンに多く搭載されるMLCCですが、誘電体層に酸素欠損が生じることで、抵抗が低下し、電流リークが発生することがあります。 HORIBA CLUE シリーズでは微小領域を高分解能で、感度よく分析できるため、誘電体層の微小部分析が可能です。
酸素欠損分析
電極近傍ではCL強度が強く、酸素欠損が多いことがわかります。
カソードルミネッセンス測定システム製品ページへ


残存炭素量分析

MLCCの脱脂・焼成工程で残存する炭素は、内部欠陥の原因となることから測定が不可欠です。 管状電気抵抗加熱炉方式のEMIA-Stepなら、加熱温度と時間を任意に設定できるため、炭素の全量分析だけでなく、温度別・状態別に分離させての分析が可能です。
残存炭素量分析
新型 材料中炭素・硫黄分析装置 EMIA-Step製品ページへ

フィルム


フィルム材料の異物分析

高輝度X線による高速スクリーニングと強調表示で異物を迅速に検出できます。前処理不要、非破壊・非接触で分析できるため、異物に影響なく、断面だしの時間も短縮できます。
フィルム材料の異物分析
微小部X線分析装置 XGT-9000製品ページへ

ディスプレイ


量子ドットの蛍光分析

量子ドットはナノレベルの粒子径を変えることで、任意の色に光を変換するように作製できることから、次世代ディスプレイ 材料として使われています。 Fluorolog-3ではグレーティングを2枚使用した分光器を搭載しており、微弱かつシャープなピークを正確に検出することが可能です。
量子ドットの蛍光分析
モジュール型蛍光分光光度計 Fluorolog-3
ナノ粒子の粒度分布測定にはSZ-100V2がおすすめです。
ナノ粒子の粒度分布測定
ナノ粒子解析装置 nanoPartica SZ-100V2

軽量化


マルチマテリアル材料


樹脂中のフィラーの複合分析

樹脂中のフィラーは分散性のコントロールが難しく、凝集すると接触面積が減少するため、性能が低下します。 特にナノサイズのフィラーは凝集しやすく、ナノレベルでの粒子径分布を測定できるnanoPartica SZ-100V2で、分散性を確認することが重要です。
量子ドットの蛍光分析
ナノ粒子解析装置 nanoPartica SZ-100V2
ラマンなら三次元で分散状態を観察できます。
ラマンでの樹脂中のフィラー3Dイメージ
ラマン顕微鏡 XploRAシリーズ

接合材料


ゴム被膜したステンレス材の深さ方向元素分析

従来のスパッタリング法ではゴム被膜に熱損傷が生じます。GD-Profiler2では、ダメージの少ないパルススパッタリング機能により、被膜表面のゴム成分(CやMg)が検出された後、基板成分(Fe・Ni・Cr)が検出できてい ます。
熱緩和低速スパッタによる測定結果
マーカス型高周波グロー放電発光表面分析装置(GDS) GD-Profiler2

摺動・表面処理


トライボロジー


潤滑油・作動油中の摩耗粉の粒子径測定

コンディショニングモニタリングの油中摩耗粉の粒子の大きさを測定することで、機械の劣化進行状態の判別が可能です。 ペーストセルを使用することで、試料を溶剤で薄める必要なく、グリスをそのままセットして測定が可能です。
潤滑油・作動油中の摩耗粉の粒子径測定

DLC


GD-Profiler2 なら迅速・簡単にDLC 中の水素の深さ方向分析が可能です。定性的な水素の有無やベーキング前後の大小関係の評価も可能です。
グラファイトで成膜したDLC
マーカス型高周波グロー放電発光表面分析装置製品ラインアップ

めっき


めっき液成分濃度管理

希釈等の前処理不要、主成分の濃度変化や使用過程でめっき液に混入したニッケルやクロムといった共存元素も測定可能です。
めっき液成分濃度管理
卓上型蛍光X線分析装置 MESA-50

腐食


腐食挙動の解析

ラマン分光装置ならSEM-EDXではわからない酸化物の組成や水酸化物との区別が可能なため、鉄さびの化学種を判別することで腐食挙動が解析できます。 また、XRDでは不可能な10μm以下の微小領域での測定が可能です。凹凸のある試料でも分析したい箇所を高空間分解能で測定できます。
腐食挙動の解析
ラマン顕微鏡 XploRAシリーズ

車両本体の腐食試験
HORIBA MIRA社

触媒評価


触媒


Pd触媒のNO吸着

ガスを触媒に流した時に内部で酸化物が生成していく状態を評価することで、触媒の還元性能を確認できます。低波数測定が得意なラマン分 光分析なら、金属酸化物の状態変化(PdO→Pd)を高感度で計測することができます。また、オプションを使うことで、In-situ サンプリングも可能です。
Pd触媒のNO吸着
ラマン顕微鏡 XploRAシリーズ

オートモーティブPDFダウンロード

受託分析
見積・資料ご請求