Si マイクロ加工構造の応力イメージング


ラマンイメージによる応力分布分析

3Dイメージングから活性ゾーンの端にある浅いトレンチ(溝)に機械的応力が作用していることがわかりました。

応力分布図

Siにかかる応力とラマンピークシフトには線形的な相関があります。
M.Komatsubara,T.Namzu,Y.Nagai,S.Inoue,N.Naka,S.Kashiwagi,K.Ohtsuki :Jph.J.Appl.phys.48(2009)04C021

応力とラマンピークシフトの相関性

SiCの応力分析


ラマンとCLによるSiC複合分析

SiC複合分析
SiCの残留応力は776cm-1のピークシフト量で判断

カソードルミネッセンス(CL)イメージの欠陥の位置とピークシフト変化の位置が一致することから、CLイメージで見えないウェハ内部の欠陥もラマンピークシフトから予想できます。

化合物半導体ウェハのCL像とラマンピークシフト分布

SiGeの応力分析


AFMラマンによる高空間分解能応力分析

Siバンド強度が強い(=膜厚が厚い)部分に応力が集中することが判明しました。


Tip in時のスペクトルをピーク分離したところ、Siピーク(520.48cm-1)からシフトしたピークが検出され、応力(歪み)が存在することが推定できます。


顕微レーザラマン分光測定装置 LabRAM HR Evolution

業界最高レベル*の応力分解能 (*2020年当社調べ)
12インチウェハまでマッピング対応可能
温調ホルダ使用可能 (試料サイズは別途ご相談)

顕微レーザーラマン分光測定装置 LabRAM HR Evolution

AFM(原子間力顕微鏡)ラマン XploRA Nano

AFMによる物理情報とラマンによる化学情報を同時に取得
nmオーダの最表面の応力分布分析が可能

AFM(原子間力顕微鏡)ラマン

半導体材料分析におけるソリューションをまとめたSemiconductor Navi
半導体材料分析におけるソリューションをまとめたSemiconductor Navi(PDF)のダウンロードはこちら

半導体材料分析におけるその他のソリューション

膜厚・膜質分析
深さ方向元素組成分析
欠陥・不純物分析

CMPスラリー分析
キャリア寿命分析
異物検出・分析


受託分析のご依頼やお見積り等に関しましては以下よりお気軽にご相談ください。

受託分析
見積り
お問い合わせ