測定専用化カスタマイズ

大気非暴露で酸素濃度を分析

ピーク重複を起こすCS2やCOSを発生させる硫黄含有試料では赤外線分析法による酸素の定量が難しかった
微量の酸素でも反応してしまう試料を大気非暴露で測定できなかった


硫黄を除去するトラップ特殊機構を開発し、さらに、大気非暴露測定用トランスファーベッセルを使用することで、実現可能になりました。

技術

お客様の声 - 材料メーカ 様

  • 諦めかけていた大気非暴露での分析が可能になった!
  • トランスファーベッセルを使うことで扱いが難しいサンプルの測定が簡単になった!
  • 自分たちだけでの工夫では解決できず、技術相談から提案・ユニット開発・検証まで一緒に対応してもらえた!