SD-OCT用分光器

概要

OCTの計測性能を最大限に引き出す分光器登場

OCT(Optical Coherence Tomography)とは光干渉断層影像法を用いた計測手法で、深さ方向の測定によって、試料の断面像を得ることができます。主に3D眼底検査やバイオ細胞測定、歯型計測、皮膚測定、レーザー加工工程などに採用されており、今後も様々な分野への拡大が期待されています。

本SD-OCT分光器はOCTの性能を最大限に引きだすための最適設計をしています。また、OCTは測定対象により最適な中心波長や波長範囲が異なるため、ご要望に応じたカスタマイズ対応もいたします。

■高分解能検出器を実現!
 スペクトルサンプル(Arランプ)

■実際の画像サンプル例

<人の爪の断面像>


 

※本製品はOEM製品です。貴社装置への搭載にご興味がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。量産化に向けた試作機の提供、デモ機の貸出しについてのご相談承ります。


製造会社: HORIBA

仕様


仕様例


高解像OCT向け


高侵達OCT向け

波長レンジ

760-950nm

800-900nm

グレーティング

透過型グレーティング

透過型グレーティング

口径比

NA0.13

NA0.13

波長分解能

0.3nm以下

0.1nm以下

寸法(検出器を含まない)

185×125×300mm

155×130×60 mm

特長

高解像度な断層像の取得に適しています。

深さ方向に広範囲な断層像の取得に適しています。

カタログ・アプリケーション・その他資料

SD-OCT分光器

お問い合わせ・見積はこちら