蛍光寿命測定装置(TCSPC法) SPEX Fluorolog-3 + TCSPC

概要

時間相関単一光子計数(TCSPC)方式の蛍光寿命ユニットを後付けでSPEX Fluorologにアップグレードすることができます。
これにより超高感度の定常スペクトル測定(積分球による量子効率測定)から蛍光寿命測定までの幅広い蛍光分光分析を1台の装置で対応できるようになります。

特長

アップグレードに必要なコンポーネント

  • 蛍光寿命ユニットの共通アセンブリ
  • サンプルコンパートメント
  • パルス光源
    半導体レーザ/発光ダイオード
    NanoLEDシリーズDeltaDiodeシリーズの中から適切な波長をお選びいただけます。
    詳しくはコンポーネントリストを参考にしてください。
  • 検出器
    TBXシリーズ(検出波長範囲 ~650nm、~850nm、~900nm)

拡張例その1

SPEX Fluorolog-3の検出器R928PをFluoroCubeの検出器TBXシリーズに付け替えます。
赤色レーザーをパルス光源に採用。
NanoLEDはサンプルコンパートメントに搭載します。このため追加でサンプルコンパートメントが必要になります。

蛍光寿命測定対応できるPCにアップグレードした場合には、

  1. 蛍光寿命ユニットの共通アセンブリ
    (このアセンブリに含まれる仕様)
    HUB、NanoLEDドライバー
    ミックケーブル
    TBX検出器とFluorologをつなぐ光学マウント
  2. サンプルコンパートメント F-3010
  3. パルス光源 NanoLEDシリーズ
  4. 検出器 TBXシリーズ
  5. 対応計測ユニット(PCおよびモニターを含む)
  6. 据付調整費


Fluorolog-3 model FL3-12

拡張例その2

SPEX Fluorolog-3の検出器R928PをFluoroCubeの検出器PPDシリーズに付け替えます
紫の発光ダイオードをパルス光源に採用。
NanoLEDはサンプルコンパートメントに搭載します。このため追加でサンプルコンパートメントが必要になります。

  1. 蛍光寿命ユニットの共通アセンブリ
    (このアセンブリに含まれる仕様)
    HUB、NanoLEDドライバー
    ミックケーブル
    PPD検出器とFluorologをつなぐ光学マウント
  2. サンプルコンパートメント F-3010
  3. パルス光源、例えばNanoLEDシリーズ
  4. ペルチェタイプ冷却付き検出器 TBXシリーズ
  5. 対応計測ユニット(PCおよびモニターを含む)
  6. 据付調整費


Fluorolog-3 model FL3-12


製造会社: HORIBA Scientific

お問い合わせ

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

株式会社 堀場製作所
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)