蛍光X線分析装置 大型試料室モデル MESA-50K 

概要

お客様のご要望に合わせて、より大きなサイズの試料に対応した大型試料室タイプ、また、測定や結果表示を簡素化した専用ソフトウェアもご用意できます。お気軽にご相談ください。

特長

 MESA-50の分析機能はそのままに大型試料に対応

 省エネなのに高感度

小型X線管を採用した省エネ光学設計を実現。高性能SDD *1 搭載により、従来の卓上型蛍光X線分析装置と同等以上の感度と性能を備えながら、液体窒素不要で、ランニングコストの低減にも役立ちます。 (*1 Silicon drift detector)

 ルーチン測定が容易に

シンプルなソフトウエア設計でオペレーションも簡単。あらかじめ測定フロー・レシピが登録できるので、人為的ミスなく同じ条件での繰り返し測定が可能です。また測定後に目的元素の結果を自動的に表示・閾値判定する機能を搭載しています。

 広がるアプリケーション

固体、液体、粉体試料中に含まれる元素をAl (13)からU(92)まで測定できます。特に従来機種 *2では測定が難しかったCl(17)も感度よく測定可能となりました。また測定ポイントに応じて、3種類のX線照射径の切り換えができ、試料サイズに応じたカスタマイズにも対応致します。(*2 XGT-1000WR)

■分野別アプリケーション

金属

  • 貴金属判定
  • 金属中不純物分析

食品

  • 異物検査
  • 不純物検査
  • 添加物の濃度管理

電子部品

  • 膜厚測定
  • 電池材料中微量金属の検出

めっき・DLC

  • めっき液中元素の管理
  • 表面元素分析
  • 膜厚測定

有害元素

  • 各種有害元素検査(RoHS、ハロゲン、ヒ素)
  • 硫黄濃度管理

土壌

  • 重金属検査(カドミウム、鉛、水銀、クロム、臭素、ヒ素、塩素など)

 

■シンプルオペレーション







製造会社: HORIBA

仕様

測定原理

エネルギー分散型蛍光X線分析法

測定元素

Al(13)~U(92)

試料形状

固体、液体、粉体

試料サイズ

最大460(W)×360(D)×150(H)mm

試料観察

CCDカメラ(カラー)

試料室雰囲気

大気 

X線管

最大50kV、0.2mA

X線照射サイズ

1.2mm、3mm、7mm(自動切換)

フィルタ

4種類(自動切換)

X線検出器

SDD検出器

データ出力

Microsoft Excel®、Word®およびPDFによる検査報告書出力

OS

Windows®10

言語

日本語、英語、中国語

電源

AC100-240 V±10%、50/60 Hz

消費電力

0.1kVA以下(PC除く)

装置質量

約60kg

外形寸法

590(W)×584(D)×366(H)mm

オプション

樹脂標準試料、金属標準試料、多層膜FPM、As/Sb対応、試料セル、試料固定キット

Windows、Word、Excelは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

外形寸法図・他(単位:mm)

お問い合わせ

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

株式会社 堀場製作所
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)