未来の理系女子を応援!中高生と女性技術者が交流

|   CSR

京都府が推進する京都STEAM※女子応援事業の一環として2022年12月10日に開催された「未来の理系女子応援ワークショップ」(主催:京都府)に、堀場製作所の女性技術者が登壇しました。

本セミナーは、STEAM分野の学部や仕事に対する中高校生の関心や理解を深め、進路選択の視野拡大に役立ててもらうことを目的として開催されたものです。

京都の企業で活躍する女性技術者の一人として、当社の科学開発部で製品開発を担う柳井 優花が登壇し、他企業の女性技術者や京都の理工系大学の女子学生の皆様とともに、自身の学生時代から現在の仕事におけるさまざまな経験を中高生に向けて伝えました。

グループに分かれての質問・交流の時間には、中高生から「理科は好きだけど数学や英語が苦手で理系の学部に行けるか不安。苦手な教科をどのように勉強していましたか」「理系の大学生活は文系と比べて大変ですか」「会社ではどのくらい実験をしていますか」「これからの時代に絶対に必要なスキルは何ですか」など、さまざまな質問が飛び交っていました。

参加した中高生からは、「理系といってもさまざまな分野があり、仕事も幅広いことがわかった」「先輩たちから色々な話を聞いて、刺激を受けた」「本で読むよりもわかりやすく、関心がわいた」といった声が寄せられました。

HORIBAは各種セミナーへの参加や学校での出前授業など、さまざまなかたちで次世代育成支援に取り組んでいます。これからも次代を担う子供たちの明るい未来に向けた一助になれるよう、活動を続けていきます。

※STEAM:Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)という5つの英単語の頭文字を組み合わせた造語。理数教育と創造性教育の各教科を横断的に学び、実社会での課題解決に活かしていくための教育手法

記事一覧を見る