無人運転車両開発

最先端の無人車両開発ソリューション

HORIBA MIRAは、軍用および民間用のアプリケーション向けに、最先端のリモートコントロール及び自律走行型車両を開発しています。複雑なオフロード環境での動作が必要な当無人車両の基礎となるのは、当社独自の専門技術「MACE(Modular Autonomous Control Equipment)」です。

MACEは2002年に開発されて以来、最先端の無人車両開発に導入され、車両エンジニアリング、ソフトウェア開発、自動車用サイバーセキュリティ、機能安全、インテリジェント交通システムの面からも強化してまいりました。    

MACEは既存の車両に搭載されるだけでなく、VIKINGなどの当社独自のプラットフォームにも組み込まれ、オフロード車両のリモートコントロールから完全自動運転まで様々な機能を備えています。

昨今の当社研究開発では、当社開発無人車両に人工知能を搭載することで、従来の自律型ソリューションでは不可能だったタスクを無人車両が実行できるようになりました。私たちは、GNSSなしのナビゲーション、高度なオフロードルーティング、地形や物体の分類といった、自律型ソリューション技術の限界を押し広げてまいります。