ホリバMIRA社、車載用バッテリー向け安全性試験施設を開設

|   Press Release

ゼロエミッション社会の実現に貢献

当社の英国子会社であるホリバMIRA社は、幅広い温度下での振動試験等の複合環境評価を可能とする大型バッテリー向け安全性試験施設を10月に開設しました。
同社が保有するQuatro Business Park (Unit 1, Paycocke Road,BASILDON, SS14 3GH, United Kingdom)にある車載用バッテリー試験設備を拡張し、既存の中小型バッテリー試験設備に加え、大型バッテリーに対しても国連規則UN ECE R100※1やUN38.3※2に準拠した安全性評価試験が可能となりました。当社グループは、バッテリーの分析・計測及び電動車両開発の効率化支援を通じて、ゼロエミッション社会の実現に貢献します。

 
設備投資の背景、設備概要
ゼロエミッション社会の実現に向け、より高性能なバッテリー開発とそれをサポートする試験設備の需要がますます高まっています。そうした背景のもと、本設備の投資により、ホリバMIRA社は、中小型バッテリーだけでなく、大型バッテリーに関してもUN ECE R100やUN38.3規格に準拠した試験が可能となりました。

本設備では、振動試験中にバッテリーの充放電や温度調整が可能であり、それらを実車両のデューティサイクルに合わせるようにプログラムすることもできます。恒温槽により試験中の環境温度を-40°Cから100°Cの範囲で設定できるため、幅広い温度下でのセル、モジュール、およびパックの安全性試験を提供します。そして振動試験と温度試験を同時に実施できるため、試験時間とテストサンプル数を削減でき、製品開発の効率化とコスト削減にもつながります。ホリバMIRA社がもつバッテリー開発・試験に関するノウハウを活かし、当社グループはバッテリーや電動車両開発の効率化を通じて、ゼロエミッション社会の実現に貢献します。

※1:UN ECE R100:電気⾃動⾞(EV)等に搭載されるリチウムイオン電池の国連協定規則
※2:UN38.3:リチウムイオン電池の国際輸送の安全基準を定める国連規則