英国ウィリアム王子がホリバMIRA社を訪問

|   Press Release

英国時間2月20日午後、英国のウィリアム王子(The Duke of Cambridge)がホリバMIRA社を訪問されました。ウィリアム王子は、かねてより自動運転分野に興味を持たれ、ご自身よりホリバMIRA社への視察を要望し、今回の訪問が実現しました。ホリバMIRA社が提供する自動車の研究開発用の設備を訪問された他、ホリバMIRA社のテストコースにおいて自動運転車のシミュレーションを体験されました。

 
ウィリアム王子は、アストンマーチンのDB11に同乗され、高速走行用トラックを体験されたのち、道路に水を散布し、グリップ性能や挙動をテストするコース(ウエットハンドリングサーキット)を自らの運転でテスト走行されました。また、無人の自動運転車の自走を見学し、ホリバMIRA社の先進技術に強い関心を示されました。
 

最後に、ウィリアム王子は、 MIRAアカデミー(*1)のレセプションに出席し、博士課程の学生たちの話を熱心に聞き、たくさんの質問をされました。

(*1)MIRAアカデミー: 2013年より若手の技術者へ教育支援を行う施設として開講しました

 

ホリバMIRAのジョージ・ギレスピーCEOのコメント

「私たちがこの機会を持てたことは名誉なことです。王室に最先端技術を紹介できたことは大変光栄です。私たちのMIRA テクノロジパーク(*2)は、業界をリードする施設として誇りに思っています。世界中の企業が研究開発施設としてMIRA テクノロジパークを選択されたことは、真の国際的なエンタープライズゾーン(*3)の証となります。」

(*2)MIRA テクノロジパーク: 最新輸送技術の開発における中核研究拠点
(*3)エンタープライズゾーン: 英国政府が進める経済特区プロジェクトの一つ。特区内に拠点を持つ企業は税率低減などのメリットを受けることができる

 
ホリバMIRA社は、特に自動運転の分野において英国政府がリードするプロジェクトに参画するなど、中心的な役割を果たし、積極的に投資をしています。1月31日には英国メイ首相の中国訪問にもビジネス代表団として同行し、中国においてHORIBAとホリバMIRA社のビジネスプロモーションを行いました。

 

ウィリアム王子とホリバMIRA社のジョージ・ギレスピーCEO
ウィリアム王子とホリバMIRA社のジョージ・ギレスピーCEO
ウィリアム王子、ホリバMIRA社が保有する自動運転車両を見学
ウィリアム王子、ホリバMIRA社が保有する自動運転車両を見学
高速走行テストを体験するウィリアム王子
高速走行テストを体験するウィリアム王子
ウエットハンドリングサーキットを自ら運転するウィリアム王子
ウエットハンドリングサーキットを自ら運転するウィリアム王子