UVカットや抗菌など『微粒子』の品質管理を正確・短時間・簡単に

|   Press Release

業界最高精度 ナノ領域からミリ単位までの粒子径をカバー
レーザー方式の粒子径分布測定装置 新型(LA-960)を発売

当社は、レーザー光を使って微粒子の大きさを測定する、粒子径分布測定装置の新製品「LA-960」を7月1 日に発売します。
本製品は、新たに粒子径の測定精度保証を業界最小※の20 ナノメートル(従来30 ナノメートル)とさらに高精度な測定を実現しました。ナノ領域の微小材料の実用化が進む化粧品や触媒、二次電池などの分野で、製品特性を左右する粒子の大きさや分布を測定して均一性をみる“最高精度の「ものさし」”を提供します。お客様の品質管理体制の強化につながり、ナノ物質を応用した新技術の実用化や競争力の向上に貢献します。

 

粒子径分布測定はなぜ必要か

各種の工業プロセスで取り扱う“粒子”の大きさは、製品の機能性を決定づける大切な要素の一つです。
粒子径分布測定装置はセラミックスや顔料、燃料電池、触媒、化粧品、食品、製薬など、『粉・パウダー』を原材料とする分野で研究開発から品質管理の現場で使われています。
例えば、化粧品ではUVカット、アンチエイジング、美肌ファンデーションなど、美を追求する高機能商品が開発されています。これらの製品の品質検査において、機能性が保証されているかをチェックする指標として粒子径分布測定が利用されています。特に、高付加価値につながるナノ領域の微小新素材は機能性に大きく影響するため、正確に粒子を測定する高い技術が求められています。
化粧品や触媒、二次電池の性能向上などナノテクノロジー領域の技術発展が進む中で、ミリからナノ領域まで高精度に測定できる装置を提供することで、最先端のものづくりに貢献します。

 

当社のレーザー回折/散乱式粒子径分布測定装置について

本製品の測定方式の特長は、他の粒子径分布測定原理や方式と比較して、極めて広い粒径範囲で測定できることです。また試料の状態が粉体のものだけでなく、液中に分散しているもの、サンプル量が少なく粒子同士がくっつき易いものなど、試料の特性に応じた測定が可能です。
このたびの新製品、新型LA-960 は、10 ナノメートルから5 ミリメートル(例えば、1口サイズのキャラメルからスカイツリーの高さを測定するイメージ)と、同方式の測定装置では、業界最大のワイドレンジ(注:表示範囲) ※に拡張しました。また、解析ソフトを新たに開発したことで、同じく業界最小粒径※の20 ナノメートルから±0.6%と高精度測定を実現し、わずか1分で測定が完了します。業界に先駆けナノ領域での高精度な測定技術を開発することで、従来は他の方式の装置を併用して測定していた粒子径分布を、この新製品1台で正確・短時間・簡単に測定できます。

 

LA-960の特長

  1. 業界最小粒径※の20ナノメートルまで精度保証する信頼性
    従来機種から継承する二波長光学系により、業界内で一番幅広い測定レンジを提供。3Dシミュレーション手法を開発し、ナノ粒子の散乱光強度・分布の整合性を高めています。
  2. 業界最大※の50万倍のワイドレンジ(0.01~5000μm)
    粒子を高精度に測定するため、短波長光源の併用、シームレスな検出器の配置、そして粒子径や分布幅に応じた最適な演算条件を自動選択する処理技術を搭載しています。
  3. 試料注入・測定・洗浄、わずか1分の全自動測定
    試料濃度の調製から光軸調整、測定、試料の排出、内部清掃など全自動で稼働。一連の前処理から測定、洗浄までを1分で完遂するスピードは、お客様のストレスを感じさせない分析作業を提供します。

※当社調べ(2013年6月時点)

 

希望販売価格 

819万円 (税込)~

 

主な仕様

測定方式レーザー回折/散乱式
表示範囲0.01~5000μm
測定精度標準粒子の規格から±0.6%以内
測定時間1分(分散媒注入から内部洗浄、および粒子径分布結果表示まで)
外形寸法705(W)×565(D)×500(H)mm
質量(本体)56kg
言語対応5ヵ国語(日本語、英語、ドイツ語、中国語、フランス語)

 

ご参考

レーザー回折/散乱式
粒子に光が当たると、粒子から散乱光が生じます。この散乱光は、粒子径が大きければ、光源に対して180°の方向へ集中し、粒子が小さければ360°全方向に散乱します。散乱光強度とその角度分布を複数の検出器を配置して捕らえ、Mie散乱理論に基づいて粒子径とその分布を算出しています。