ドイツの電源装置メーカーBeXema社を買収

|   News

​​​​​​​パワーエレクトロニクス領域のグループ内供給体制を確立。市場要求に迅速対応し、エネルギー分野での提案力を強化

2021年7月2日、当社のグループ会社であるホリバ・ヨーロッパ社(本社:ドイツ)は、BeXema(ベキシマ) GmbH(以下、BeXema社)の買収を完了しました。
今回の買収によって、電力分野の技術をグループ内に取り込み、エネルギー分野において日々複雑さを増す開発・試験への要求に対して、お客様の課題に応えるトータルソリューションをより迅速に提供できるようになります。

ベルリン近郊のバルレーベンに拠点を置くBeXema社は、高電圧バッテリー試験装置、バッテリーエミュレーター、燃料電池・電解槽用電子負荷装置などを供給する革新的なスタートアップ企業です。
2018年9月にHORIBAに加わったホリバ・フューエルコン社は、BeXema社より電源装置の供給を受けてきましたが、燃料電池、バッテリー、水電解を中心とする評価・計測ソリューション技術を、すべてグループ内で揃える体制を整えました。

今回の買収に関して、ホリバ・ヨーロッパ社の社長であるDr. Robert Plankは次のように述べています。「BeXema社の買収により、今後大きな成長が期待されるエネルギー分野において、幅広い製品ラインアップと対応力を持つ電源装置サプライヤーをグループに迎え入れたことは、HORIBAの戦略において大きな一歩です。これにより、変化する市場の要求に直接対応でき、またHORIBAのお客様にもその革新的な技術を供給できるようになります。これは我々にとって重要な戦略的ステップであり、高まるエネルギー市場の要求に競争力を維持しながら柔軟に対応できるだけでなく、HORIBAがグローバルに進める水素関連事業も加速させることができます」

当社グループで燃料電池試験装置やバッテリー試験装置のビジネスを手掛ける、ホリバ・フューエルコン社のManaging DirectorであるDr. Ingo Beneckeは次のように述べています。「エネルギー問題に対峙する自動車産業は、電動化の加速と環境負荷の低い燃料へと転換する中で、大きな課題を抱えています。今回のBeXema社の買収により、パワーエレクトロニクスをベースとした、高性能バッテリーストレージ用インバーターや高電圧試験装置がHORIBAのラインアップに加わりました。これにより、お客様の要求に迅速に対応し、カスタマイズ性を高めた新たなテストソリューションの提供も容易になります」

 

HORIBAのエネルギー分野での事業推進

世界はカーボンニュートラルの実現やエネルギーの効率的な利用に向けた投資を加速させており、自動車の電動化や代替エネルギーの利用、その中でも水素の有効活用は大きな注目を集めています。特に2次エネルギーである電気と水素を、地域特性や用途に応じて効果的・効率的に循環させることが重要です。HORIBAが持つ高度かつ幅広い分析・計測技術は、エネルギーの生産(つくる)・貯蔵(ためる)・利用(つかう)のあらゆるプロセスにおいて活躍しています。

HORIBAは、2023年を目標年度とした中長期経営計画の中でエネルギー分野への注力を掲げています。燃料電池、バッテリー、水電解の評価・計測ソリューションを中心とした水素関連事業は、現在のHORIBAにおいて最も資本を集中させている分野です。
その投資のひとつがホリバ・フューエルコン社の拠点拡張であり、延床面積を現在の6倍、生産能力を3倍に高める新棟の建築を進めています。この新棟は2022年の稼働を予定しており、今回当社グループに加わったBeXema社も移転・入居します。ホリバ・フューエルコン社とBeXema社が一体となって新たな製品・ソリューション開発に取り組むことで、拡大するエネルギー市場へ向けての製品供給力を強化します。

また米国においては、先週7月6日、カリフォルニア大学アーバイン校において、HORIBAの名を冠する新たな研究施設、HIMaC2(HORIBA Institute for Mobility & Connectivity2の開所式が行われました。このHIMaC2では、エネルギーをネットワーク全体で最適化するための先駆的な研究プロジェクトを手掛け、HORIBAは幅広い分析・計測技術で研究をサポートします。

HORIBAはグループ一体となって、エネルギー分野におけるより具体的なソリューションの提供加速と同時にアカデミアとの連携も両輪で進めることで、サステナブルなエネルギーネットワークづくりへの貢献を具体的に進めます。

 

BeXema(ベキシマ)社 概要

名称

BeXema GmbH

設立

2014年

本社所在地

Steinfeldstr. 2a D-39179 Magdeburg-Barleben, Germany

従業員数

18名(2021年5月時点)

事業内容

パワーエレクトロニクス装置の開発・製造

売上高

1,931千EUR (2020年実績)

 

BeXema社買収式典において
(写真左から)
Laurent Fullana, President of HORIBA France S.A.S.
Robert Plank, President of HORIBA Europe GmbH
Ingo Benecke, Managing Director of HORIBA FuelCon GmbH
Hannes Benecke, Former Managing Director of BeXema GmbH
Markus Bode, Managing Director of HORIBA Europe GmbH/ HORIBA FuelCon GmbH

BeXema社本社施設