けいはんな科学体験フェスティバルに出展しました

|   Next Generation

2月13日〜28日、科学のふしぎやおもしろさを体験できる「けいはんな科学体験フェスティバル」が、オンラインで開催されました。けいはんな学研都市および周辺地区の大学や研究機関・企業が様々なプログラムを実施する本イベントで、HORIBAはご自宅で体験いただく「世界でひとつだけの温度計を作ろう!」の動画授業を提供。220名ものご応募の中から、抽選で当選された52名の児童にご参加いただきました。

ご参加された皆さまから頂いた温度計製作時の写真やご感想の一部をご紹介します。

<児童のご感想>
○とっても楽しく製作できた。 保冷剤や、電車ケトル、自分の脇の下などなどいろんな温度を測った。
○水の温度まで測れてすごいと思った。また他のものも作ってみたい。
○全部一人で出来た。完成してめっちゃ嬉しかった!
○これからも、いろいろなものをいろいろな時に測ってみたい。

<保護者のご感想>
○キットが届いたと伝えたら大喜びしておりました。解説動画は明解で止めるタイミングもわかりやすく、ほとんど子どもだけの力で作ることができました。完成した温度計でいろんなものを測って楽しんでいます。
○コロナ禍でのこういった新しい試みはとてもありがたいです。親子共に楽しませていただきました。
○完成した温度計で、朝の土の温度、夕方の土の温度、ハムスターのおなか…など色々測っていました。
小学校で、日直の日は自分の身近にあった事を発表するらしく、この温度計を持って行って発表する!と意気込んでいます。
○動画を見ながら、一人でできました。日頃から工作が好きで、今回も夢中になっていました。家中の温度を測っていました。

 


ご感想やお写真から、オンラインでのものづくり体験を親子で楽しんでいただけたことがうかがえました。
コロナ禍で体験学習の場が減っている中、HORIBAはさまざまな形で、子どもたちの理科やものづくりへの興味関心につながる学習のお手伝いをいたします。


 

トピックス


トピックス一覧を見る >