プラント設備におけるガス漏れ検知に役立つエリアモニター

ケミカルプラントや製鉄所など、各種工場やプラントにおいて、設備の老朽化が進み、安全指導ができるベテラン人員が減少する中で、ガス漏洩による事故を防ぐための維持管理が大きな課題となっています。

作業者や周辺環境の安心安全、およびプラントの安定稼働の為には未然に事後を防ぐことが非常に重要です。

課題

  • 現場立ち入り前に安全確認をしたい。
  • 漏洩したガスが滞留しそうな場所を、広範囲に 常時監視したい。
  • 設備・プロセス変更、風向きが変わるなど新たな危険箇所がないか確認したい。

HORIBAのソリューション

「エリアモニター」で解決!

HORIBAのノウハウを活かし、
広範囲における漏洩ガスを検知

作業者や周辺環境の安全・
プラントの安定稼働を確保


HORIBA エリアモニターの特長

▲独自の計測原理:NDIR クロスモデュレーション式を用いて計測

▲独自の計測原理:NDIR クロスモデュレーション式を用いて計測

  • 分析計1台で多点・切り替え計測

     多点・切り替えにより1台で広範囲を計測できます。
     各計測ポイントを明確に把握し、状況をリアルタイムに監視。

  •  優れたメンテナンス性

     自動校正などの機能があり、機器の日常メンテナンスが容易です。 

  • 多様なガス成分を低濃度で高精度に計測

         測定原理は非分散形赤外線吸収方式(NDIR)の技術を採用。
      複数成分を高精度に長期安定的に計測します。   

エリアモニター対応製品

現場環境や測定成分など状況に応じて適切な装置を提案します

  • 長期安定性にすぐれた分析装置
     

煙道排ガス分析装置 ENDA-5000シリーズ

  • 1台で同時に3点測定
     

マルチガス分析計  VA-5000シリーズ

  • 防爆仕様の安全設計
     

防爆形ガス分析計   51シリーズ

アプリケーション例

  • ケミカルプラントにおける特殊ガスの漏れ検知
  • 製鉄所における各設備 (コークス工程)からの一酸化炭素(CO)ガス漏れ検知
  • 炭化水素 (HC) 系可燃性ガス、 都市ガスの漏れ検知

測定成分

測定ガス最小測定範囲ゼロドリフト/スパンドリフト繰返し性
一酸化炭素(CO)0-200 ppmFS±2%/週FS±0.5%
二酸化炭素(CO20-100 ppmFS±2%/週FS±0.5%
メタン(CH40-200 ppmFS±2%/週FS±0.5%
プロパン(C3H80-100 ppmFS±2%/週FS±1.0%
一酸化窒素(NO)0-200 ppmFS±2%/週FS±0.5%
二酸化硫黄(SO20-200 ppmFS±2%/週FS±0.5%

外形寸法図・内部配置図(例:12点切り替え)

 ▲正面 内部配置例

関連カタログダウンロード

関連製品一覧

ENDA-5000シリーズ
詳細 ENDA-5000シリーズ

煙道排ガス分析装置

EIA-51d/p
詳細 EIA-51d/p

防爆形プロセス用赤外線ガス分析計 

HORIBAグループ企業情報