排煙脱硫装置のSO2監視

排煙脱硫装置は、火力発電所や鉄鋼プラントなどから排出される排ガスの二酸化硫黄(SO2)を取り除き浄化するための装置です。湿式法や乾式法などさまざまな方式がありますが、現状では湿式法が多く採用されています。装置の性能監視のため、装置出入り口で二酸化硫黄(SO2)濃度が測定されますが、排ガス中の水分量が多く、温度が低いことから水分干渉や腐食などが懸念されています。

課題

  • 水分干渉が起こり、測定が安定しない
  • 排ガス中の水分量が多く、温度が低いため、プローブや本体などのサンプリングシステムが腐食する

HORIBAの煙道排ガス測定装置でより安定的な測定を実現

HORIBAの煙道排ガス測定装置は、独自のクロスモデュレーション方式や干渉補正型検出器の採用により、より安定した測定を提供します。また、プローブ材質の変更やSO3スクラバの追加など、排ガス条件に合わせたサンプリングシステムの提案により、難しい測定条件下でもより良いメンテナンス性を追求し、お客様の課題解決に貢献しています。

特長

  • 独自の測定方式(クロスモデュレーション方式、干渉補正型検出器)
  • 難しい条件下に適したサンプリング部品を提案
  • 二酸化硫黄(SO2)溶解性を抑えた水分除去システム(3段除湿)を採用
  • 酸素(O2)の同時測定。独自の方式(磁気圧式)により、高水分化でも安定した測定が可能

運用事例

排煙脱硫装置の出入口のSO2監視

関連産業一覧

●火力発電

燃焼から排ガス処理まですべての発電プロセスで貢献できるソリューションをご紹介

●鉄鋼

高炉から圧延まですべての製造プロセスで貢献できる分析計とアプリケーションをご紹介

関連アプリケーション一覧

関連カタログダウンロード

関連製品一覧

ENDA-5000シリーズ
詳細 ENDA-5000シリーズ

煙道排ガス分析装置

PG-300シリーズ
詳細 PG-300シリーズ

ポータブルガス分析計 

HORIBAグループ企業情報