家庭用・業務用燃料電池におけるリアルタイムガス計測

エネファームといわれる家庭用燃料電池や業務用燃料電池は、都市ガスなどを水素ガスに変換して電気や熱を生成します。ここでは脱硫や一酸化炭素(CO)除去を行う必要があり、排ガスを含め各プロセスでガス計測が行われています。燃料電池の研究開発や生産プロセスにおいてHORIBAのリアルタイム計測技術が活用されています。

課題

  • 都市ガスから水素をつくるプロセスで脱硫や一酸化炭素(CO)除去の性能をリアルタイムに確認したい
  • 燃料電池の排ガスをリアルタイムに計測したい
  • PEFCスタック劣化研究で、一酸化炭素(CO)被毒性の低下を排ガスのリアルタイム計測で確認したい
  • 燃料電池の排ガス中の二酸化炭素(CO2)を計測することでCO2 発生量の削減につなげたい

課題解決のためのリアルタイム計測事例

■PEFC例

定置型燃料電池開発でのガス計測例

■SOFC例

PEFC : 固体高分子形燃料電池

SOFC : 固体酸化物形燃料電池

導入実績

  • 家庭用・業務用燃料電池メーカ
  • 燃料電池評価・研究機関
  • 燃料処理器の研究開発
  • PEFC、SOFC等 燃料電池各種対応

関連アプリケーション一覧

●FCV用水素燃料製造に伴う不純物監視

 水素ガス中の不純物を高感度に連続計測

関連カタログダウンロード

関連製品一覧

PG-300シリーズ
詳細 PG-300シリーズ

ポータブルガス分析計 

APSA-370
詳細 APSA-370

硫黄酸化物(SO2)濃度測定装置

APSA-370/CU-1
詳細 APSA-370/CU-1

硫化水素(H2S)濃度測定装置

HORIBAグループ企業情報