サンプル量が数μLしか確保できないときにはどうしたらよいか?」というお問い合わせをいただいたときに、当社でご案内している
LAQUAtwin pHメータを使用した測定方法」についてご紹介します。
測定面がフラットなLAQUAtwin pHメータなら、数μLのサンプル量でのpH測定が可能です。

準備するもの

1. 水分を吸収しない透明のシート(クリアホルダーなどのPETシートがおすすめ)
 ※特殊な表面処理を施したシートなどで、表面から酸・アルカリが溶出するものはサンプルのpHを変動させますのでおすすめできません。

2. ピンセット

3. はさみ

測定方法

測定の前に、取扱説明書に従って校正を行なってください。

1.透明のシートをガラス電極部分と液絡部を覆うような形状に切り取ります。測定部の青い部分に沿った形状に切り出すのがコツです。

2.サンプルをガラス電極中央に置きます。サンプルは、マイクロピペットを使うと中央に滴下しやすくなります。

※クリックすると図が拡大します

3.その上からシートを載せてガラス電極と比較電極液絡部がサンプルで繋がるようにします(下の断面図を参照)。
ガラス電極部分を強く押すと割れてしまうため、取り扱いにご注意ください。

※ガラス膜接着剤が盛り上がっている場合は、多くのサンプル量が必要な場合があります。

※クリックすると図が拡大します

測定値が表示されます。
※比較内部液であるKClの影響を受けるサンプルは、速やかに(30秒程度)で読み取りを行なってください。


水質製品情報


コンパクトpH・水質計

コンパクトpH・水質計  
税抜¥22,000~

平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


ポータブルpH・水質計

ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


卓上型pH・水質計

卓上型pH・水質計  
税抜¥165,000~

ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


電極ラインアップ

電極ラインアップ 
pH・COND・ION・ORP・DO

測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。


[大型連休にともなうお知らせ]
2019年4月27日(土)より2019年5月6日(月)までの間は、大型連休にともないカスタマーサポートセンターの業務を休業させていただきます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。