自動温度補償とは何ですか?

    計器に接続した温度センサーによって、サンプルの温度を感知して温度補償します。


    手動温度補償とは何ですか?

    温度センサーを用いない場合に、あらかじめ溶液の温度を測定して温度値を入力しておきます。その(手動によって)入力された温度値により、温度補償をします。


    温度補償モードを「OFF」にして測定する場合はどんなときですか?

    イオン電極によっては、等温交点を調べても存在しない場合や、複数の交点が得られてどの値を使用すればよいか迷う場合があります。このようなときは、温度補償機能を使用せずに測定する方が正確に測定できます(ただし、校正液、サンプルの液温を常に一定に保つ必要があります)。イオン電極の場合は、pH測定とは異なり温度補償機能を使用せずに測定するのを第一優先してください。


    温度補償モードを「OFF」にして測定する場合の注意点はどんなことですか?

    恒温水槽などを用いて、温度変化を生じない条件下で測定してください。校正時の標準液の温度と、測定時のサンプルの温度とを同じ温度にしてください。


    水質製品情報


    コンパクトpH・水質計

    コンパクトpH・水質計  
    税抜¥22,000~

    平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


    ポータブルpH・水質計

    ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

    片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


    卓上型pH・水質計

    卓上型pH・水質計  
    税抜¥165,000~

    ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


    電極ラインアップ

    電極ラインアップ 
    pH・COND・ION・ORP・DO

    測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。